マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は9月15日、次世代ゲーム機「Xbox360」の国内投入を12月10日に決定したと発表した。


 マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は9月15日、次世代ゲーム機「Xbox360」の国内投入を12月10日に決定したと発表した。

 ワールドワイドでは、北米が11月22日、欧州で12月2日に発売。日本はほかの主力地域よりも遅い発売となるが、年末のボーナス商戦およびクリスマス商戦に合わせた発売日とした。丸山嘉浩・執行役員Xbox事業部長は、「日本は世界戦略のうえで重要な市場。日本で成功させるために全力で取り組む」と意欲をみせた。

 発売日に合わせ、ゲームソフトとして7タイトルもゲームソフトメーカーが販売を開始する。1月末までにはさらに6タイトルが発売されることが決定しており、「1月末の時点で20タイトルになる可能性もある」(丸山Xbox事業部長)という。

 価格は3万9795円(税抜3万7900円)に設定。20GBのHDDを搭載した本体をはじめ、ワイヤレスコントローラやメディアリモコン、D端子ケーブル、LANケーブル、ACアダプタなどを同梱するほか、初回限定モデルではヘッドセットも付ける。他社と比べ、任天堂やソニー・コンピュータエンタテインメントの2強が発売しているゲーム機と比べて高めの価格帯ではあるものの、「妥当な価格」(丸山Xbox事業部長)とアピールした。

 また、Xbox360を拡販の拡販に向け、ショールーム「Xbox360ラウンジ」を港区青山で11月にオープンする予定。同ラウンジは、一般のユーザーがXbox360を試遊できるほか、Xbox360に関するイベントなどを開催するスペースに仕上げる。