日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループは、7000:1の高コントラストと高輝度1200ルーメンを同時に実現した、ホームシアター用ハイビジョン対応液晶プロジェクターWooo「PJ-TX200J」を10月下旬に発売する。価格は27万3000円で、月間1500台の販売をめざす。

 高精細なハイビジョン放送やDVDソフトの高画質映像をより忠実に再現するために、焦点ずれによる色にじみを抑える同社の独自技術「スーパーフォーカス」の向上をはかり、画面中央部から周辺部までリアルで美しい映像を投影する。

 また、暗部階調のきめ細やかなディテールから、漆黒の闇のような「スーパーブラック」までを表現するために、液晶パネルの前後に「レンズアイリス」と「アクティブアイリス」の2つのアイリスを搭載し、7000:1の高コントラストを実現した。映像の黒浮きを光学的に抑え、「黒」の表現力を飛躍的に高めたことで、使用環境の明るさに関わらず、コントラストの効いた映像が楽しめるようになった。大口径レンズ(F1.7)と150Wランプの採用により高輝度1200ルーメンという明るさも同時に実現している。

 さらにホームシアターを快適に楽しめるように、上下2.5画面分、左右1.5画面分の「レンズシフト機能」や、100型を2.8mから4.6mの投写距離で設置できる短焦点光学1.6倍ズームも搭載。サイドテーブルや本棚の上などさまざまな場所にプロジェクターを設置でき、スクリーン正面の特等席で視聴することができる。

 05年度のホームシアター用液晶プロジェクター市場は、全世界で約56万台(前年比181%)で、そのうち国内は約8.5万台(前年比127%)と需要の拡大が見込まれている。同社では今回の新製品も合わせて、国内でのシェア15%の獲得をめざす。