日本ビクターは、地上・BS・110度CSデジタルプロジェクションテレビ“ビッグスクリーンエグゼ”3機種を発売する。価格と発売時期は、70V型「HD-70MH700」が126万円、10月中旬。61V型「HD-61MH700」が89万2500円、11月上旬。56V型「HD-56MH700」が84万円、10月中旬。

 3機種とも、新開発のフルハイビジョン(水平1920×垂直1080=約207万画素)“D-ILA(Direct-Drive Image Light Amplifier)”デバイスを3枚採用。独自技術で89%の高開口率と約92万画素720pデバイスと同等の反射率を実現し、画面のすみずみまで明るく、滑らかで美しい高精細映像を再現可能とした。

 また、偏向ビームスプリッターの小型化による光路長短縮と新レンズシステムを採用することで光の透過率を改善し、明るさとコントラストを向上。高精度のランプ光量絞り機構の搭載で黒色の再現性と階調性も向上させた。

 LSIは、同社が昨年開発したCPU搭載映像処理専用LSI“映像知能”「ジェネッサ」を、大画面フルハイビジョンディスプレイ向けに進化させた、“映像知能”「新・ジェネッサ」を採用。映像の悪化要因であるノイズやジャギーを大幅に改善した。

 このほかの特徴は、(1)70V型大画面サイズながら、40V型液晶テレビ以下の低消費電力221Wを実現、(2)70V型大画面でもスリムな薄型設計、(3)Gガイド搭載の地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵、(4)HDMI 端子を含む豊富な入出力端子を装備、(5)ニュースやセリフが聞き取りやすい“テレビ「きき楽」”機能搭載――など。

 同社では、今回の3機種を、“ビクター第3の大画面薄型テレビ”の上位モデルとして位置付け、“高精細なハイビジョン映像の魅力をあますところなく大画面で楽しみたい”というニーズに対応する。