朝日放送とNTT東日本は9月13日、弘兼憲史原作の「黄昏流星群」を10月11日からPodCasting(ポッドキャスティング)配信すると発表した。NTT東日本の「Bフレッツ」か「フレッツ・ADSL」契約者が対象の「フレッツ・スクウェア」で提供するもので、料金は無料。

 配信するコンテンツは「黄昏流星群」をラジオドラマ化した「流星倶楽部」。10月8日よりABCラジオと文化放送でもラジオで放送され、毎週の放送終了後に配信する。iPodなどの携帯オーディオプレーヤーで聞くことができるPodCasting用の音声ファイルのダウンロード配信と、パソコンでも視聴できるストリーミング配信を行う。また、ラジオドラマの収録現場や、実際に放送される番組ナビゲーター鳥越俊太郎氏とゲストによるトークの模様もストリーミング配信する。

 両社はこのサービスでラジオ放送とブロードバンドの連動による話題づくりでの認知度向上や新たなリスナー獲得を狙う。