サムライワークス(新島 実社長)は、RSSリーダーなど多彩な機能を統合したデスクトップツール「サムライサイドバー」を提供開始した。同社サイトから無料でダウンロードできる。対応OSはWindows 2000/XP。

 デスクトップ上に表示するサイドバーに、3件のRSSの同時表示とニュースの前後の移動が可能な「RSSリーダー」を始め、カレンダーや時計、天気情報などの表示、アプリ起動ランチャー、メールチェッカー、壁紙チェンジャー、ディスク容量チェッカーなどの機能を備えたもの。

 同社では、「サムライサイドバー」をデスクトップポータルとして位置づけ、10月1日から提供予定の次期バージョンには、情報系のコンテンツを強化するため、路線情報/地図情報/価格情報/翻訳機能/辞書機能/検索機能を追加、広告配信も予定している。また、デザインが容易に変更できる特性を生かし、コンテンツ提供企業や会員サービス企業と提携し、カスタマイズした「サムライサイドバー」も展開していく。

 なお、サービス開始を記念して、「サムライサイドバー」の名称を募集し、採用者に10万円相当の旅行券をプレゼントするキャンペーンを9月15日まで実施する。応募資格は「サムライサイドバー」をダウンロードした人で、応募ボタンから専用応募フォームで受けつける。