日立製作所(庄山悦彦社長)は8月31日、パソコン「Prius(プリウス)」シリーズの新製品9モデルを9月10日から順次発売すると発表した。地上デジタル放送に対応した機種やホームサーバーの役割を果たす機種などを市場に投入。冬商戦は前年同期の1.5倍にあたる10万台の販売台数を狙う。

 同社では、デジタル機器の新戦略として、薄型テレビとHDDを搭載したDVDレコーダーにパソコンを加え、「次世代3種の神器」と位置付ける。立花和弘・執行役常務ユビキタスプラットフォームグループ長&CEOは、「2005年は、デジタルハイビジョン時代の本格的な幕開け。パソコンの新製品は、ブロードバンドに対応し、しかもハイビジョンを搭載した“デジタル家電融合化パソコン”と位置付けて拡販を図っていく」と話した。

 「Prius Deck」シリーズ2機種、「Prius Air」シリーズが3機種、「Prius Air One」1機種、「Prius Note」3機種をそれぞれ発売。「Prius Deck」シリーズは、S?IPS方式のパネルを採用した「20型ワイドスーパーピュアカラー液晶ディスプレイ」を搭載し、大画面でハイビジョン画質を楽しむHDMI出力端子を標準装備するなどホームサーバー志向のパソコンの楽しみ方を提案するモデルとして仕上げた。

 「Prius Air」シリーズでは、最上位モデル「AR37N」で同社にとって初めての地上デジタル放送の視聴・録画に対応。安定したハイビジョン映像受信を可能とする独自のLSIチップ「BroadGear」やメリハリのある映像を再現する「ピクチャーエンハンス機能」の搭載でコントラストや色合いの変化が少なくハイビジョン放送が楽しめる。「Prius Air One」は、液晶一体型デスクトップ、「Prius Note」ではテレビチューナーを搭載した「PN37NT」を用意した。価格は、「Prius Deck」の最上位モデルが29万円前後、「Prius Air」の最上位モデルが23万円前後などとなる。

 会見には、イメージキャラクターである女優の伊東美咲さんも登場。「パソコンは、ファンとのメールのやり取りなどで「Prius」を使っているという。Priusについて、「(重要なシーンだけを抜き出す)『いいとこ観』などの機能があって、とっても便利」と評価していた。