• ホーム
  • トレンド
  • 2023年1月、最も売れたデジカメは「IXY 650」 2位はクラシックデザインのチェキ「instax mini Evo」!

2023年1月、最も売れたデジカメは「IXY 650」 2位はクラシックデザインのチェキ「instax mini Evo」!

データ

2023/02/28 19:00

 2月23日~26日の4日間の日程で、実に4年ぶりにリアルでの開催となったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+」は、カメラ・写真愛好家に好評を博して閉幕した。デジタルカメラ市場は、カメラ機能を搭載したスマートフォンにおされて縮小傾向にあるが、インスタントカメラがランキング上位に食い込むなど、ひと昔前に比べて多様化してきているともいえるだろう。そこで今回から月1回、レンズ一体型(コンパクト)・レンズ分離型(デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼カメラ)をあわせて「デジタルカメラ」として最新のランキングをお届けしよう。

コンデジ「IXY 650」が1位を制す

 家電量販店・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、デジタルカメラの2023年1月のシリーズ別販売台数1位はキヤノンの「IXY 650」、2位は富士フイルムの「instax mini Evo」、3位・4位はコダックの「PIXPRO FZ55」「WPZ2」だった。レンズ交換型は、ソニーのブイログ用ミラーレス一眼カメラ「VLOGCAM ZV-E10」の5位が最上位。同じくソニーからは上位に、ミラーレス一眼カメラ「α6400」(7位)、コンパクトデジカメ「Cyber-shot WX500」(10位)も入った。
 

 1位の「IXY 650」は、有効約2020万画素、光学12倍・プログレッシブファインズーム24倍の高倍率ズームで撮影が可能なコンパクトデジカメ。おなじみのIXYデザインで、初めて使うデジカメに最適な1台だろう。キヤノンオンラインショップによると、納期は約2カ月、価格は3万4650円。カラーはブラックとシルバーの2色。
 
キヤノン「IXY 650」
(キヤノンのウェブサイトより)

 0.03ポイント差で2位だった「instax mini Evo(インスタックス ミニ エヴォ)」は、インスタントカメラ・チェキの21年12月発売の新モデル。カラーはブラックで、いわゆるフィルムカメラを彷彿させるクラシックなデザインだ。撮ったその場でプリントしたい・写真を配りたいといったニーズはスマートフォン1台では満たせないので、今後もインスタントカメラは根強い人気を保ちそうだ。
 
ハイブリッドインスタントカメラ
「instax mini Evo」

 同じくBCNランキングによると、22年は、デジタルカメラ(レンズ一体型)ではソニーが19年ぶりに、デジタルカメラ(ミラーレス一眼)ではキヤノンが3年ぶりにトップを獲得した。この2カテゴリーは、トップ争いは比較的僅差だったが、デジタルカメラ(一眼レフ)はキヤノンがシェア76.8%を占め、2位以下を大きく引き離して15年連続の年間No.1に輝いた。(BCN・嵯峨野 芙美)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
ギャラリーページ

オススメの記事