• ホーム
  • トレンド
  • 暑い日は仕事の移動でタクシー!? アプリならネット決済でスムーズに乗り降り

暑い日は仕事の移動でタクシー!? アプリならネット決済でスムーズに乗り降り

暮らし

2022/08/18 20:00

 まだまだ暑い日が続くが、仕事で移動する際、駅から離れた場所に徒歩で行って汗だくだく、しかも、そのまま取引先を訪問して相手に気を遣わせてしまうのも申し訳ない、そんなときはタクシーを使ってみてはどうか。一昔前まではタクシーを利用するには主要駅で拾うか、電話で配車を依頼するか、流しのタクシーを捕まえるしかなかった。しかしながら、最近ではアプリからタクシーの配車を依頼することが可能だ。ネット決済でスムーズに乗り降りできるなど、仕事で使うのに適した特徴を備えている。

タクシー配車アプリのメリット

 まずはタクシー配車アプリを利用するメリットを解説しよう。
 

ネット決済で到着したらすぐに降りられる

 タクシーは便利な乗り物だが、降りる際に料金を支払わなくてはならず、そこで時間を取られてしまう。最近はSuicaなどのキャッシュレス決済に対応したタクシーも増えているが、それでも目的についたら即降りるというわけにはいかない。

 ネット決済に対応したタクシー配車アプリの場合、料金が自動的に決済されるため、目的地についたら面倒な支払いをおこなう必要がない。特にビジネスでの利用など、時間が貴重な場合に役立つだろう。

タクシーの到着時間や料金の目安が事前に分かる 

 タクシーを呼んだのになかなか来ない、あるいはタクシー乗り場で待っているのになかなかタクシーが来ないという経験をしたケースは多いだろう。

 タクシー配車アプリの場合、タクシーがいつごろ到着するかの目安時間が表示される。時間がかかるようであれば店で時間を潰したり、仕事をしたりして待ち時間を有効活用可能だ。

 また、目的地への到着時間や料金の目安も分かるため、その先のスケジュールも立てやすい。

住所が分からなくてもタクシーを呼べる

 タクシー配車アプリはスマートフォンのGPS機能を使って配車先を特定するため、電話での呼び出しのときのように自分の現在地を口頭で説明する必要がない。

 このため旅行や出張など、初めて来る場所でタクシーを利用するのに心強い味方となるだろう。なお、GPSの位置情報がずれていたり、地図上で場所を指定するときにずれたりすることにより、配車場所がずれるリスクがあることは覚えておきたい。

タクシー配車アプリのデメリット

 タクシー配車アプリにもデメリットがある。デメリットを理解した上で利用するようにしてほしい。
 

利用可能エリアが限られている

 タクシー配車アプリは比較的新しいサービスであり、現在のところ日本全国どこでも使えるわけではない。都市部は比較的利用可能なエリアが多いが、人口が少ないエリアほど利用できないことが多い印象だ。

 利用対象外のエリアもあるため、特に初めての場所で利用する場合は事前に確認しておくと安心だ。

迎車料金が必要なことがある

 タクシー配車アプリを利用してタクシーを呼んだ場合、迎車料金がかかることがある。困ったことに全てのアプリやタクシー会社で必要なわけではなく、エリアやタクシー会社によって必要性や料金が異なるのだ。

 もし迎車料金を節約したいのであれば、タクシー会社を指定して呼べるアプリを利用するといいだろう。

おすすめのタクシー配車アプリ3選

 数多くのタクシー配車アプリがリリースされているが、その中からおすすめのものを三つ紹介する。

GO

 GOは多彩なオプションサービスが魅力のタクシー配車アプリ。例えば「AI予約」機能を利用すると、15分後から7日後までの希望日時を指定してタクシーを手配できる。たとえば1時間後に利用したい、混雑が予想される日に早めに予約しておきたいという要望に対応可能だ。
 

 ほかにも優先配車する「優先パス」、有料乗務員や空気清浄機つき車両などを指定できる「こだわり条件」、空港まで定額で利用できる「空港定額」と、うれしいオプションが用意されている。タクシーのヘビーユーザーであるほど価値が分かるのではないだろうか。

Uber

 日本ではフードデリバリーサービスの「Uber Eats」が有名だが、Uberのビジネスはもともと配車アプリからはじまっている。世界的な企業のため、1万を超える都市で利用でき、海外旅行や海外出張が多い人におすすめだ。
 

 Uberは事前にドライバーの名前や顔写真、評価、車両ナンバーを確認できるところも特徴。評価をしっかりとチェックして配車を依頼すれば快適なドライブが期待できるかもしれない。

DiDi

 DiDiはクーポンやポイントプログラムが特徴のタクシー配車アプリ。クーポンは初回登録時以外にも頻繁に配布されており、お得にタクシーを利用できる。また、タクシーの利用で最大3%のポイントがもらえるため、乗れば乗るほどお得なサービスといえるだろう。
 

 配車の速さも自慢で、2021年1月から10月の統計では平均5分でタクシーが到着したという。安い料金でより良質なサービスを受けられるハイヤーをお得に利用できる「DiDi Special」サービスが東京で始まっており、広くて快適な車を日常使いすることも可能だ。

タクシー配車アプリでスムーズな移動を

 タクシーの配車を依頼するには電話しなくてはならず、面倒に思う人も多かっただろうが、タクシー配車アプリならスマートフォンアプリから呼び出すだけなのでよりタクシーを気軽に利用できる。また、現在地や目的地の指定が簡単で、決済もネットで行われるなど、乗り降りもスムーズだ。
 

 初回利用キャンペーンを実施しているアプリも多いため、興味がある人は一度使ってみてはいかがだろうか。(ライター・ハウザー)

オススメの記事