• ホーム
  • トレンド
  • NTT東日本とPTNA、音楽教室のピアノ指導のDX化に向けて協力、音楽教育業界の活性化に向け

NTT東日本とPTNA、音楽教室のピアノ指導のDX化に向けて協力、音楽教育業界の活性化に向け

販売戦略

2022/06/10 14:00

 NTT東日本と全日本ピアノ指導者協会(PTNA<ピティナ>)は6月8日、ピアノ指導をきっかけとした音楽教育分野でのDX活用を進めるため、協力することについて合意したと発表した。

DX活用で協業

 現在、国内の音楽教育業界では、指導者不足や感染症の影響により、「今までのような指導方法が続けられない」「理想的な指導が受けられない」ことが課題となっている。そのなかでピアノに関しても、年々学習希望者が増加する一方で、指導者の減少や、地域での指導レベル格差、また対面からリモートへの指導環境の変化など、様々な課題への対応に迫られている。

 こうした背景を踏まえ、NTT東日本のデータ解析技術やDXに関わるノウハウと、PTNAの音楽教材の開発やピアノ指導者支援に関するノウハウをかけあわせ、音楽教育業界が直面している課題解決に取り組んでいくこととした。また、音楽×DXの取り組みを通して、人と音楽がつながる豊かな社会を実現することで、文化振興・地域活性化への貢献を目指す。

 具体的には、三段階に分け取り組みを進めていく。STEP1では、ピアノ指導者と生徒に向けてDXを活用したピアノ学習の基礎環境を構築する。AI演奏採点システムなどの検証を通し、指導の容易化や生徒が自己学習できる仕組みを提供することで、指導効果の向上を図る。

 STEP2では、STEP1で検証した内容を、国内外問わずピアノ業界全体へ展開する。生涯学習や教育分野へのピアノの活用、ピアノ演奏者の活動支援を促進することで、音楽教育業界全体の活性化を目指す。

 STEP3では、ここまでの取り組みをピアノだけでなく他楽器へもサービス展開し、音楽教育業界全体の活性化に取り組んでいく。

オススメの記事