• ホーム
  • トレンド
  • 国内初、CO2排出量を可視化できるクレジットカード「SAISON CARD Digital for becoz」

国内初、CO2排出量を可視化できるクレジットカード「SAISON CARD Digital for becoz」

販売戦略

2022/06/03 17:00

 クレディセゾンは、データサイエンスで企業と社会の課題を解決するDATAFLUCTと提携し、ドコノミー(本社・スウェーデン)のCO2排出量可視化に関する技術を掛け合わせ、決済データに基づきCO2排出量を可視化できる国内初のクレジットカード「SAISON CARD Digital for becoz(becoz card/ビコーズカード)」を6月2日に発行開始した。

「SAISON CARD Digital for becoz」の発行開始

 「becoz card」は、国内初の決済データを活用する気候変動対策をテーマとしたコンセプトクレジットカード。DATAFLUCTが提供する個人のCO2排出量の可視化・オフセットが可能なサービス「becoz wallet」に、クレジットカード決済データを自動連携する機能を付帯しており、becoz card会員は、日々のクレジットカード利用履歴に基づくCO2排出量を可視化することができる。
 
アプリ画面上で自分のCO2排出量を確認できる(画面はイメージ)

 また、カード決済データをもとに、先月とのCO2排出量の比較などが行え、自身の排出量のうち多くを占めるカテゴリーや先月との差分、利用明細ごとの排出量の確認が行える。なお、「becoz card」は、デジタルカードを専用アプリ上に発行し、プラスチックカードを発行しない。

 環境保全に対する意識の高まりから、日常生活でのCO2排出量の把握や個人ができる削減方法として「カーボンオフセット」という考え方が注目されている。「becoz card」の提供を通じて、個人の生活に“環境価値”という新しい判断基準を提案し、カーボンニュートラルなライフスタイルを送りたいと考える生活者を支援していく。

オススメの記事