• ホーム
  • トレンド
  • 植物性のゆで卵!? グリーンカルチャー、「植物卵」プロトタイプ開発

植物性のゆで卵!? グリーンカルチャー、「植物卵」プロトタイプ開発

時事ネタ

2021/12/07 17:30

 グリーンカルチャーは12月6日に、植物性ゆで卵「植物卵(しょくぶつたまご)」プロトタイプの開発に成功したことを発表した。ゆで卵の形状の、植物性卵の開発成功は、今回が国内初となる。(グリーンカルチャー調べ)

「植物卵」プロトタイプ

 近年の健康志向の高まりや地球環境への配慮、動物性倫理の視点からプラントベース食品への関心・需要が高まっており、中でも植物性卵に注目が集まっている。

 日本は、中国に次ぐ世界2位の卵消費大国だが、卵は環境負荷が高く、採卵鶏を飼育する養鶏場で主流となっている、ワイヤー製の金網に鶏を入れて、それを重ねて飼育するバタリーケージ飼育が、EUではすでに禁止されているなどの事情もあり、世界的に植物性卵の開発が求められている。

オススメの記事