老若男女が暮らしやすい相模原市、その魅力とは?

時事ネタ

2021/05/30 15:00

 神奈川県の中でも横浜市、川崎市の次に多く人が住んでいるのが相模原市。子どもから高齢者、学生から社会人や主婦など関係なく、長く暮らしやすいといわれている。ただ、どんなところかよく分からないという人も多いのではないだろうか。そこで、相模原市の魅力について紹介したい。


 相模原市は、交通手段が多く、どこへ行くのにも便利である。JR線や小田急線などが通っており、都内へ行くことも簡単で時間もそれほどかからないため、相模原市に住んでいても都内の学校や会社に行くことは珍しくない。

 また、山や湖などの自然を感じられるところも多くある。県をまたがずに広い公園などに遊びに行けるのも魅力的だ。そういった点では、子どもや高齢者にとって暮らしやすいところだと感じられるだろう。
 

 「市立博物館」や「相模川ふれあい科学館」など、相模原市について楽しく学べる場所もある。相模原市には楽しめる施設がたくさんあるため、長く暮らしていても飽きることがないだろう。
 

 相模原市が暮らしやすいと感じるのは、買い物に困らないという点も大きい。ショッピングセンターが駅の近くにあるところも多く、生活に必要なものは近くでそろえることができる。ホームセンターも多くあり、引っ越してきても家具や家電を買うのに苦労せずに済む。都内まで行かなくても買い物できる場所がたくさんあるというのはメリットだ。

 なお、コロナ禍で今は中止になっているケースが多いが、さまざまなイベントや行事もある。春に「相模原市民桜まつり」で桜を見ながらパレードを楽しんだり、夏に「橋本七夕まつり」や「さがみ湖 湖上花火大会」でお祭りを楽しんだりすることができる。冬になると、「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」のイルミネーションがきれいだ。
 

 交通の便が良く、都内まで時間をかけずに行ける一方、自然を感じられる場所も近くにある相模原市。相模原市の文化に触れることができる施設があるほか、買い物できる場所がたくさんあって日常生活に困らず、休日に大きな公園に出かけることもできる。住みやすいこと間違いないだろう。(フリーライター・れい。rei.f4r3)

オススメの記事