代々木の歴史と住みやすさ、ただ治安悪化には要注意!?

時事ネタ

2021/05/16 12:00

 代々木駅は、東京都渋谷区代々木1丁目と渋谷区千駄ヶ谷5丁目にある駅だ。JRの山手線や中央線、都営地下鉄の大江戸線が乗り入れている。北に新宿駅、南に原宿駅や渋谷駅が隣接。利便性が非常に高く、多くの企業が本社を構えている。古くから住む人も多く閑静で、近隣に明治神宮・新宿御苑があり緑が豊か。住みやすいエリアといえるが、近年、住民の高齢化に伴って空き家・空き地が目立つ。しかも、騒音問題、煙草の吸殻、自転車の違法駐車など、トラブルが発生しているのは、注意が必要かもしれない。


 代々木エリアは、旧代々木村一帯のことを示す。東に明治神宮、西に大山町、北に甲州街道、南に富ヶ谷があり、地域全体を「代々木○〇」「〇○代々木」として認識されることが多い。1906年に開業した甲武鉄道の代々木駅は、旧千駄ヶ谷村の区域にあったが、開業当時、旧代々木村の町域に路線や駅がなかったことから、「代々木駅」と命名された。
 

 住みやすさについては、何といっても商業施設が多いことに加えて交通の便が良いこと。例えば、高速バスターミナル「バスタ新宿」から500~600m南下すると代々木駅だ。徒歩時間は5~10分。

 バスタ新宿から西側を歩いて代々木駅に向かい、歩行者専用通路サザンテラスを抜けると代々木駅北口にあたる。所要時間は5分程度である。サザンテラスの周囲には、「小田急サザンテラスホテル」「JR東京総合病院」「代々木ゼミナール」「山野美容学園」がある。

 バスタ新宿から東側を歩いて代々木駅に向かって「高島屋タイムズスクエア」「ニトリ新宿南口店」を抜けると、代々木駅東口となる。所要時間は5分程度だ。
 

 このように、交通の便が良くショッピングや飲食に困ることなく、非常に住みやすいものの、最近になって問題として浮上していることもある。空き家と空き地が目立ち、飲食店街として展開。飲食店街が直接的に問題というわけではないが、客層の中には「大声・騒音」を発して住民に迷惑をかけているケースがあるのだ。また、禁煙地域にもかかわらず「煙草吸殻」が多く散乱している。さらに、違法駐輪の自転車も多い。ただ、マナー違反を改めてもらえれば、閑静で住みやすいエリアであることは間違いないだろう。(フリーライター・ハゲジジイ)

オススメの記事