サービス開始20周年の楽天Edy 軌跡を振り返る

 2012年6月のサービス名を変更を機に楽天グループに加わった電子マネー楽天Edy」とオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を運営する楽天Edyは、21年11月に楽天Edyがサービス開始20周年を迎えるにあたり、楽天Edyの特集ページをオープンした。非接触決済なのでスピーディーで使いやすい、老舗電子マネー・楽天Edyの軌跡を振り返ろう。

2021年11月にサービス開始20周年を迎える楽天Edy。
カードのほか、キーホルダー型など
多彩なバリエーションがある

 サービス開始前の電子マネー実証実験楽天Edy(当時はEdy)が利用できたのは、40店舗・125台の自動販売機だったが、現在は85万カ所に拡大。今年2月には、JR東日本グループのエキナカ商業施設・駅ビルでも使えるようになった。また、八丈島や隠岐の島、石垣島といった離島でも利用でき、楽天Edyの特集ページによると、利用可能な店の最北端は「セイコマートとみいそ」という。
 
JR東日本グループのエキナカ商業施設・
駅ビルでも使える(一部店舗を除く)

 サービス開始時から、21年までの決済件数の累計は約60億件に達した。決済音は「シャリ~ン」。楽天ポイントカードを兼ねた「Edy-楽天ポイントカード」などは有料だが、Edy機能付き楽天カードや、おサイフケータイ(FeliCa搭載Androidスマートフォン)は発行無料。Android版に限り、楽天ペイアプリからも起動できる。

 楽天Edyへの楽天ポイントからのチャージは14年3月にスタート。15年6月には、Edy機能付き楽天カードでオートチャージを開始した。現在のロゴは18年10月から。なお、おサイフケータイ対応フィーチャーフォン(従来型携帯電話)向け楽天Edyアプリサービスは20年3月18日で終了したが、現金からのチャージ・チャージ済みEdy残高による利用は引き続き可能。
 
20周年記念の「最大100万ポイント山分けキャンペーン」は
6月30日まで。第2弾・第3弾も実施予定だ

 現在、「楽天Edy20周年キャンペーン第一弾!参加者みんなで目指せ!最大100万ポイント山分けキャンペーン」をはじめとする複数のキャンペーンを実施中。楽天カード・楽天ペイアプリの組み合わせだけでなく、楽天Edyも利用シーンやキャンペーンによってはお得になることを覚えておこう。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事