• ホーム
  • 業界動向
  • 労働組合だから安心! 「退職代行ニチロー」が4月7日にスタート

労働組合だから安心! 「退職代行ニチロー」が4月7日にスタート

販売戦略

2021/04/07 18:00

 日本労働調査組合は4月7日に、仕事の退職実行をサポートする「退職代行ニチロー」の提供を開始した。費用は2万5000円で、電話/フォーム/LINEから申し込みを受け付ける。

退職にあたっての相談・支援・交渉・実行をサポートする
「退職代行ニチロー」がスタート

 「退職代行ニチロー」は、退職にあたっての会社への連絡や会社との交渉を代行するとともに、法律などの論理的な問題だけではなく、感情的な部分でのさまざまな状況をともに考え、適切なサポートを行う。また、企業が運営する退職代行サービスとは異なり、団体交渉権を持つ労働組合なので、違法性を心配することなく安心して退職サポートを受けられる。

 従業員にとっての利用シーンとしては、新型コロナウイルス感染症への周囲との温度差が怖くて退職トラブルになりそうな場合や、残業や休日出勤など労働環境が厳しく、退職願を行っても受け入れられず、労働環境が一向に改善しない場合、入社後の研修が時代錯誤のスパルタで、ただちに辞めたいが入社間もないため言い出しにくい場合などを想定している。

 企業にとっても、同サービスを利用することで、引き継ぎなどを行うことなく一方的に退職されるリスクをなくし、円満退社に導けるという利点がある。利用にあたっては、必要な書面を用意して郵送するだけで、直接のやり取りは必要ない。

オススメの記事