• ホーム
  • 業界動向
  • エディオン、秋葉原駅前で酒類販売「ココデリカーズ AKIBA店」オープン

エディオン、秋葉原駅前で酒類販売「ココデリカーズ AKIBA店」オープン

経営戦略

2021/01/29 19:30

 エディオンは1月29日、東京・秋葉原のエディオン AKIBA内に酒類を販売する「ココデリカーズAKIBA店」をオープンした。JR秋葉原駅の電気街口を出てすぐの好立地で、子会社のフォーレストが運営。エディオンにとって、東京で初の酒類販売の拠点となる。

「ココデリカーズ AKIBA店」

 エディオンでは、大阪のエディオンなんば本店や愛知のエディオン名古屋本店で酒類を扱っているが、東京では初の取り組み。限定酒やチルド商品、クラフトビール、ワインなど約650アイテムを取りそろえる。「1本から気軽に買うことが出来る店舗」をコンセプトに掲げる。
 
限定酒やチルド商品、クラフトビール、ワインなどを扱う
 
限定酒やチルド商品、クラフトビール、ワインなどを扱う

 エディオンは2017年8月、eコマース事業の強化や倉庫運営のノウハウを得るために、J.フロントリテイリングからフォーレストの全株式を取得して完全子会社化した。フォーレストは20年7月に楽天市場に「ココデリカーズ酒めぐり。」を立ち上げて酒類を販売。今回、リアル店舗にも広げた。
 
JR秋葉原駅前の好立地にあるエディオン AKIBA

 売り場面積が16.5平方メートル、営業時間が9時30分~19時30分。新型コロナ対策による時短営業中は、10~19時となっている。

オススメの記事