• ホーム
  • 業界動向
  • 9店舗の協力で「もったいない野菜セット」販売、危機的状況の生産者を守る

9店舗の協力で「もったいない野菜セット」販売、危機的状況の生産者を守る

経営戦略

2021/01/12 15:00

 外食向けに青果の卸業を手掛けるフードサプライは、パッションアンドクリエイトと協力して緊急事態宣言で行き場を失った青果を「もったいない野菜セット」として焼肉業態の「牛8」を中心に9店舗で1月12日11時30分に販売を開始した。税別の販売価格は1500円。生産者が大切に育てた野菜を大量に廃棄しなければいけないという危機的な状況を打破する。


 もったいない野菜セットは、じゃが芋、玉ねぎ、人参、ニラ、ぶなしめじ、エリンギ、豆苗、ヤングコーン、サニーレタス、トマト、りんご、グレープフルーツと、野菜10品、果物2品など。当日の入荷状況などによって、商品が変更になることもある。

 販売店舗は、「牛8錦糸町店」「USHIHACHI武蔵小杉店」「USHIHACHI木場店」「USHIHACHI二子玉川店」「USHIHACHIあざみ野店」「今日、豚の気分なんです新宿通り店」「焼肉パンチ港南台店」「ホルモンだいちゃん綾瀬店」「濱ふうふう富里店」となる。

オススメの記事