• ホーム
  • 業界動向
  • クリスマスイブにマッチングアプリ全国版、LINEの「HOP」提供へ

クリスマスイブにマッチングアプリ全国版、LINEの「HOP」提供へ

販売戦略

2020/12/24 17:17

 LINEとDiverseの共同出資によって設立されたHOPは、「LINE」のつながりを活用したマッチングアプリサービス「HOP」全国版の提供を12月24日に開始した。

LINE」のつながりからパートナーを探せるマッチングサービスが全国提供に

 HOPは、LINEの友だちのつながりを活用した、“友だちの友だち”と出会えるマッチングアプリサービス。8月から首都圏1都3県での先行提供を行っており、LINE公式アカウントの友だち数が320万人を超えている。

 HOPでは、人と人とのつながりの距離をHOPと名づけており、LINEの友だちを「1HOP」、LINEの友だちの友だちを「2HOP」などと表現することで、つながりがひと目で分かる。また、LINEのセキュリティ基準を満たすとともに、信頼性・安全性・プライバシーの保護を重視し、24時間365日、厳重なサービスの監視体制を導入している。

 なお、相手はLINEのつながりだけでなく、HOPの登録ユーザーから探すことも可能で、プロフィール登録時に設定した「#家庭用ゲーム機が好き」「#フィルムカメラが好き」といった、趣味趣向を記載するハッシュタグから検索することもできる。
 
「HOP」アプリでのつながりや趣味趣向によるパートナー検索イメージ

 2021年1月に「3HOP」の一覧表示機能が追加されるほか、今後は「共通のハッシュタグを登録してる人」や「仕事の職種が近しい人」などをポップアップで知らせるなど、趣味嗜好・ライフスタイルに合った相手を見つけやすい機能の搭載も予定している。

オススメの記事