• ホーム
  • トレンド
  • JR東日本の新ポイントサービス、同一運賃区間月10回以上のSuica利用で1回分還元

JR東日本の新ポイントサービス、同一運賃区間月10回以上のSuica利用で1回分還元

 JR東日本は、多様化する通勤スタイルに合わせた新サービスとして、時差通勤を促す「Suica通勤定期券」保有者向けポイントサービスを2021年春から1年間の期間限定で実施する。また、回数券と同様の運賃割引をSuicaで受けられる、新たなポイントサービスを21年3月1日に開始する。

新たなポイントサービスの還元イメージ(運賃220円の場合)

 多様な通勤スタイルを応援する、紙の回数券に相当する新たなポイントサービスはJR東日本の在来線全てのSuicaエリアを対象に、同一運賃区間の利用が同一月内に10回で運賃1回分相当のJRE POINTを還元する。さらに、月11回以上の利用で1回ごとに運賃の10%相当のJRE POINTを還元する。
 
ウェブ登録済みのSuicaにチャージすると、1ポイント1円相当として使えるJREポイント

 新ポイントサービスの同一運賃区間とは、乗車区間が異なっても運賃が同一となる区間を指し、従来の回数券よりも柔軟な設計となっている。JRE POINTはJR東日本グループの共通ポイントで、ウェブ登録済みのSuica・モバイルSuicaにチャージすると、鉄道利用のほか、Suica加盟店で電子マネーとして利用できる。

 もう一方のSuica通勤定期券保有者向けポイントサービスの対象エリア、各駅のポイント還元対象となる時間帯は、開始時期を含め、決まり次第、改めて発表する。

オススメの記事