• ホーム
  • 業界動向
  • はま寿司、「Go To Eat」の対応エリア発表、埼玉・愛知・京都など13府県からスタート

はま寿司、「Go To Eat」の対応エリア発表、埼玉・愛知・京都など13府県からスタート

販売戦略

2020/10/26 18:00

 はま寿司は10月26日、「Go To Eatプレミアム付食事券」が利用できる店舗のエリアを発表した。新潟、石川、福井、埼玉、愛知、三重、京都、奈良、岡山、広島、山口、熊本、鹿児島の13府県から開始する。今後、対象エリアが増えるたびに自社サイトで更新していく。

Go To Eatプレミアム付食事券」の対応エリアを順次発表していくはま寿司

 Go To Eatプレミアム付食事券は、店舗のほか持ち帰りでも利用できる。現金との引き換えはできず、釣銭は出ない。
 
「Go To Eatプレミアム付食事券」(埼玉県)

 Go To Eatは、新型コロナウイルスによる客数減で経営が厳しい飲食店を支援するための政府施策。飲食店予約サイトを使ってランチで500円、ディナーで1000円分のポイントを消費者に付与するケースと、購入金額の25%を上乗せしたプレミアム付き食事券による2パターンある。はま寿司が導入するのは後者のプレミアム付食事券となる。

 気になるそれ以外のエリアについて、持ち株会社のゼンショーホールディングスに確認すると「エリアの全店舗で準備が整い次第、順次、更新していく」(広報部)という。

オススメの記事