• ホーム
  • トレンド
  • TikTokと横浜市消防局が連携、地震・熱中症に関する啓発楽曲&動画を公開

TikTokと横浜市消防局が連携、地震・熱中症に関する啓発楽曲&動画を公開

販売戦略

2020/06/05 16:32

 中国のBytedanceが提供するショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、横浜市消防局と日本初の防災分野における連携協定を6月5日に交わした。

「TikTok」と横浜市消防局が「防災TikTok」第2弾として
地震・熱中症に関する知識・防災啓発楽曲&動画を制作・発信

 防災分野における地方自治体とTikTokの連携協定は、日本で初めての取り組みであり、同協定の枠組みの中で、両者は防災啓発動画の共同制作や、防災・減災分野における幅広い情報発信を推進していく。

 TikTokは、グローバルで推進しているCSR活動「TikTok for Good」の一環として、防災啓発を目的とした「防災TikTok」を推進しており、その第1弾として気象庁監修のもとで大雨・洪水に関する知識・防災啓発動画を制作し、「TikTok」で配信した。

 今回、防災TikTokの第2弾として、横浜市消防局と共同で、地震・熱中症に関する知識・防災啓発を目的とした楽曲と動画を制作するとともに、TikTok内に特設ページを開設し、防災啓発楽曲・動画を広く発信する。

 今後は、風水害対策や火災予防などをテーマにした動画の制作・発信も予定している。

オススメの記事