シャープの子会社であるAIoTクラウドは5月28日、独自のAIoTプラットフォームを活用し、関西電力とサービス契約を結んだユーザー宅で利用されているシャープのAIoT対応冷蔵庫・空気清浄機のデータを関西電力に提供すると発表した。

AIoTプラットフォームを活用したサービス連携のイメージ

 これに伴って関西電力は、冷蔵庫のドア開閉データや空気清浄機のセンサーデータを活用し、離れて暮らす家族の状況を知らせる見守りサービス「はぴeまもるくん 家電情報を用いた見守りサービス」を5月28日に開始した。

 新サービスは、関西電力が運営する見守りサービス「はぴeまもるくん」で、離れて暮らす親の家に設置したシャープのAIoT対応冷蔵庫・空気清浄機の利用データを使って、普段の生活をさりげなく見守ることが可能となるもの。

 親の家の冷蔵庫のドアが開いたり、空気清浄機のセンサー反応があったりすると、メールやLINEで知らせるサービスを追加し、プライバシーに配慮しながらきめ細かく様子を見守ることができる。離れて暮らす親のことが心配だが監視カメラには抵抗があるといった人に適している。

 シャープのAIoT対応冷蔵庫・空気清浄機の利用者は、スマートライフアプリ「COCORO HOME」を利用し、機器とサービスの連携設定や、サービスリスト画面から、今回のサービスへ簡単にアクセスすることができる。

 今年12月まで無料トライアルでサービスを提供する。