• ホーム
  • 業界動向
  • Xbox/Windows向けの月額定額ゲームサブスクリプション、「Xbox Game Pass」開始

Xbox/Windows向けの月額定額ゲームサブスクリプション、「Xbox Game Pass」開始

トレンド

2020/04/09 07:30

 日本マイクロソフトは、100本以上のゲームを定額料金でプレイできるXbox OneとWindows向けのサービス「Xbox Game Pass」の提供を4月14日に開始する。

月額定額のゲームサブスクリプション「Xbox Game Pass」が提供開始

 Xbox One向け「Xbox Game Pass for Console」、Windows搭載PC向け「Xbox Game Pass for PC(Beta)」は、世界中からさまざまなゲームをラインアップすることで、日本のプレーヤーに新たな発見の機会をつくるとともに、過去のお気に入りのタイトルを再発見するきっかけを提供する。

 サービスでは、Xboxの人気タイトルである「Halo」シリーズ、「Gears」シリーズ、「Ori」シリーズ、「Minecraft」をはじめ、日本のクリエーターによる「デビルメイクライ5」「NieR:Automata BECOME AS GODS Edition」「鉄拳7」(いずれもXbox Game Pass for Console)、「龍が如く0」「デッドライジング4」がXbox Game Pass for ConsoleとXbox Game Pass for PC(Beta)、海外の大型タイトルで「NBA 2K20」「ウィッチャー3」「Dishonored 2」「DOOM」「シャドウ・オブ・ウォー」(いずれもXbox Game Pass for Console)、「アウター・ワールド」がXbox Game Pass for ConsoleとXbox Game Pass for PC(Beta)などで提供を予定している。

 そのほか、世界中のインディータイトルや懐かしの名作タイトルもプレーできる。

 税込みの月額料金は、PC向けとXbox向け、「Xbox Live Gold」をセットにした「Xbox Game Pass Ultimate」が1000円、「Xbox Game Pass for Console」が850円、「Xbox Game Pass for PC(Beta)」が425円。

 Xbox Game Pass UltimateまたはXbox Game Pass for PC(Beta)に新規登録したユーザーは、登録初月は月額料金を100円とする。また、Xbox Game Passのメンバーは、特典としてゲーム購入時の最大20%割引や、購入済みタイトルの追加コンテンツ購入時の最大10%割引が受けられる。

 そのほか、デバイスパートナーであるPCメーカー各社は、「Xbox Game Pass for PC」が付属するゲーミングPCの発売を予定している。

オススメの記事