• ホーム
  • トレンド
  • ヤマダ電機、会員向け顔認証決済サービス「ヤマダPay」導入、5店舗から開始

ヤマダ電機、会員向け顔認証決済サービス「ヤマダPay」導入、5店舗から開始

 ヤマダ電機は2月28日からYAMADA web.comの5店舗で会員向け顔認証決済サービス「ヤマダ Pay」の導入を開始した。同社のLABIカード会員で「ケータイdeクレジット」を登録しているユーザーが使えるサービス。

顔認証決済サービスの「ヤマダPay」

 ユーザーにとっては顔認証技術による安全、安心な決済が可能になる。ヤマダ電機にとっては、来店者の顔の画像情報を分析することで、顧客の性別、年齢、感情などを読み取り、導入店舗の品揃えやサービスメニューの充実につなげる。

 顔認証技術はトリプルアイズのAI画像解析プラットフォーム「AIZE(アイズ)」を採用。ヤマダ電機とトリプルアイズは2019年11月1日から顔認証決済システムの店舗導入に関する実証実験をヤマダ本社内で重ねてきた。検証の結果、高い認識技術と安心・安全あ決済サービスをユーザーに提供できる環境が整ったとして導入に踏み切った。

 導入するYAMADA web.comの5店舗は仙台センター店、つくば店、江東新砂店、武蔵村山店、神戸北店。顔登録アプリはAndroid版のみのリリースで、iOSのリリース時期は未定。

 ケータイdeクレジットの機能はポイントカードアプリ「ケイタイde安心特典」としての来店ポイントマシーン(1~4000ヤマダポイントプレゼント)と会員限定優待メールマガジン、誕生月特典と、「ヤマダLABIカード特典」としてのヤマダポイント現金同率還元と永久不滅ポイントプレゼントの両方のサービスが利用できる。

オススメの記事