キヤノンは、2月26~28日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「第28回3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」に出展し、MR(Mixed Reality:複合現実)の最新技術を展示する。

「第28回3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」に出展される「MREAL Display MD-20」(左)と、
空間特徴位置合わせ技術を用いた映像イメージ(左側は実物の車、右側は3DCGの車)

 当日は、日本市場で販売する最上位モデル「MREAL Display MD-20」の展示や、開発中のハードウェアやソフトウェアの技術紹介を予定している。

 「MREAL(エムリアル)」は、ビデオシースルー方式によって現実世界とCG映像を違和感なく融合し、あたかも目の前に存在しているかのような臨場感を実現するMRシステム。自動車メーカーなど製造業において、デザインや設計ツールの試作回数を減らし、コスト削減を可能にする業務支援ツールとして活用されている。

 MREAL Display MD-20は今回が初出品で、独自開発のグローバルシャッター搭載CMOSセンサーを採用することで、現実世界の映像を歪みなく正確に捉え、ユーザーの動きに追従する。また、表示パネルの色域拡大によって、現実に近い色味や質感でCG映像を表示できる。さらに、水平方向に約70°、垂直方向に約40°の広視野角を実現しているので、現実に近い作業姿勢や感覚での確認や検証を可能にしている。

 あわせて展示する基盤ソフトウェア「MREAL Platform」(別売)は、「MREAL Display MD-20」内のグローバルシャッター搭載CMOSセンサーが捉えたブレの少ない映像から特徴点を抽出。ユーザーの位置と視界を特定する空間地図をリアルタイムに生成して、ヘッドマウントディスプレイ単体での高精度な位置合わせを実現する。

 3次元の位置や姿勢を計測するマーカーや、光学式センサーを周囲に設置することなく使えるため、「MREAL」をより広範な目的で活用できる。

 このほか、高精度な位置合わせなどの性能はそのままに、さらなる小型・軽量化を目指して開発中の、「MREAL」シリーズのエントリーモデル(ヘッドマウントディスプレイのプロトタイプ)を参考出品する。

 第28回3D&バーチャルリアリティ展(IVR)の開催日時は、2月26~28日10時~18時(最終日は17時まで)。入場料は5000円。