KDDIと、共通ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は12月16日、資本業務提携すると発表した。

右から三菱商事のコンシューマー産業グループ京谷裕CEO、KDDIの高橋誠社長、
ローソンの竹増貞信社長、ロイヤリティ マーケティングの長谷川剛社長

 KDDIが三菱商事からLMの発行済株式を20%取得し、2020年5月以降に「au WALLET ポイント」を「Ponta」に統一するほか、au IDとPonta IDの連携を進める。
 

 また、KDDIとLM、ローソンは、ネットとリアルを融合した新たな消費体験の創造、OMOを目指し、各社事業連携を進める。約1万4600店舗を展開するローソンは、20年度内に、「5G」や「ロボティクス」などの最先端テクノロジーを活用し、データや金融サービスを絡めた新しい消費体験を創出する次世代コンビニエンスサービスを提供する店舗を展開する計画。KDDIはローソンでスマホ決済サービス「au PAY」の還元率を高還元に設定し、ローソンでの利用を促進する。
 
連携によって得られる会員基盤と今後の取り組み

 ほかにも会員基盤の拡大として、Pontaアプリに「au PAY」機能を実装し、au WALLET アプリに「デジタルPontaカード」機能を実装する。相互の加盟店では「Pontaポイント」の蓄積と「au PAY」の利用を促進する。こうした施策を通じ、両社でポイント会員基盤のさらなる強化、経済圏拡大を推進していく。