ブラザー販売は5月24日、都内にあるブラザー東京ショールームをリニューアルオープンした。2010年にオープンして以来、家庭用向けプリンタや複合機、BtoB向け職業用ミシンなどを展示していたが、今回のリニューアルに伴い、展示内容から個人向け商材を置かず、法人向け商材に限定し、さまざまな業種に適した提案やオーダーグッズビジネス事業などを強化する。

リニューアルしたブラザーの東京ショールーム
 
製造・物流向けなど、各業種ごとに適した製品を提案
 
2階に展示されている職業用ミシン。刺しゅうは針を通す数も数値化し、作業進捗を確認できる
 

 今回のリニューアルでは展示2フロアのうち、1階にタブレット端末とAR技術を使った業種向けビジネスプリンティングをベースとした製品・サービスを展示。2階にTシャツなどを印刷できるガーメントプリンタや、素材カットマシン「ScanNcut DX」、職業用ミシンなど、オーダーグッズに関するビジネス商材を展示している。