アンカー・ジャパンは、「Anker」ブランドで入出力ともUSB PD(USB Power Delivery)に対応した1万9200mAhの大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」を、自社のオンラインストア、Amazon.co.jp、一部家電量販店などで2月27日に発売した。税込の販売価格は1万999円。Amazon.co.jpでは、500個限定で20%オフの8799円で販売している。

Anker PowerCore+ 19000 PD

 1万9200mAhで、iPhone XS/Xを約5回、MacBookを1回以上充電できる。最大27W出力が可能なUSB Type-C(USB-C)ポート1つと、最大15W出力のUSB Type-A(USB-A)ポート2つを搭載し、機器3台の同時充電が可能。USB-Cは入力にも対応し、付属の急速充電器(最大30W出力)を使うと、モバイルバッテリー本体をわずか3.5時間でフル充電できる。

 また、Ankerのモバイルバッテリーとして初のUSBハブ機能を兼ね備えている。電源ボタンを約2秒押すと、USBハブモードに切り替わってUSB-Aポートを高速データ転送可能なUSBハブとして使用できる。