Appleは、京都で最初の直営店となる「Apple京都」を8月25日にオープンした。日本国内の直営店を拡大している最中にあり、今後数年をかけて、複数の新規店舗のオープンと既存店舗のリニューアルを計画しているという。

8月にオープンしたApple京都

 「Apple京都」の所在地は、著名な寺社が周辺に多く集まり、1600年代から目抜き通りとして栄えてきた四条通。Apple京都の建築のスタイルは、京都という町ならではの意匠と素材から着想を得たもので、2階部分は、日本の行灯からインスピレーションを受け、薄く透けた建具で囲まれ、灯りがともるようなデザインとなっている。また、ファサード上部には日本の伝統的な木造家屋と障子をイメージして、格子と和紙を思わせる素材をあしらった。
 
店内の様子

 建物の中央部にあり、複数階にまたがる吹き抜けのアトリウムでは、他の直営店と同様に写真、音楽、プログラミングなどをテーマとする無料講座、Today at Appleのセッションを毎日開催する。京都は国内有数の観光地であり、100名を超えるスタッフは世界中から集結したメンバーで構成し、12か国語に対応する。

 オープン初日の8月25日には多くの人が詰めかけ、開店を待つ行列は四条通沿いに10ブロック先まで伸びた。オープン記念プレゼントとして、オリジナルの限定Tシャツ、ピンバッジ、ステッカーも用意した。

 米国外で初めて構えたAppleの直営店は、2003年の東京・銀座を皮切りに、全国の主要中核都市の繁華街にオープン。新規店舗は、4月の「Apple 新宿」に続く、今年2店舗目となる。またAppleは、毎年9月に新iPhoneを発表するプレスイベントを開催しており、今年は現地時間9月12日(日本時間9月13日)に開催する。