ロボットやAI(人工知能)が身近になるなか、子どもの未来を明るくするために「プログラミング」で考える力を身につけさせることは親の重要な役目。「プログラミング」は生きるための基礎教養になる。単に国語や算数、理科、音楽などの教科で採用されるという話でなく、医療や金融、製造、農業など、幅広い仕事で当たり前のように使われる。「プログラミン教育」は、まさに子どもの将来を左右する必修科目なのだ。

マイクロソフトの「Surface GO」、本命は文教ビジネスの開拓

スマホで簡単にプログラミングできる電子工作ボード、+Styleで販売開始

「プログラミング教育」、公開事例はわずか4件 メーカーに期待される役割とは

夏休みに親が子どもに勉強させたい習い事、「プログラミング」が上位に

炎上した「小学生用パソコン」が、売れる商品になるためには

WDLC、小学校100校にプログラミング教材を無償提供

デジタル教科書が正式な教科書に、端末料金の負担先は

安倍首相、プログラミングは「これからの“読み書きそろばん”」

小・中・高に続き大学入学共通テストでも「プログラミング」採用の動き

子どもにやさしい液晶ディスプレイ、アイ・オー・データ機器が学校に導入促進