次世代ヘルスケア事業を推進するマツモトキヨシホールディングスは、大阪市阿倍野区にある「薬マツモトキヨシ あべのキューズタウン店」を3月21日にリニューアルオープンし、店内に関西エリア初となる「matsukiyo LAB」を併設する。

201803201624_1.jpg
matsukiyo LABあべのキューズタウン店の外観(完成予定イメージ)

 新業態「matsukiyo LAB」は、美と健康をトータルサポートするヘルスケアショップ。店舗に常駐する管理栄養士がカウンセリングを行い、サプリメントを分包して提供するオーダーメイドサービス「SUPPLEMENT Bar」、来店者の肌の状態をビューティースペシャリストが細かくチェックし、「SUPPLEMENT Bar」を担当する管理栄養士と連携してインナービューティーをサポートする「BEAUTYCARE Studio」、調剤に加え薬剤師が個々に適した生活習慣に関するアドバイスを行う「HEALTHCARE Lounge」の3つのサービスを展開する。
 
201803201624_2.jpg
「matsukiyo LAB」の店内イメージとサプリメント(一部)

 リニューアルオープンする、あべのキューズタウン店の「HEALTHCARE Lounge」では、約420m2の広さの店内に、血圧計、体組成計、血管年齢・ストレスチェック計などを自由に無料で試せるセルフチェックコーナーを用意。「HEALTHCARE Lounge」では、検体測定室での血液測定や口腔内環境チェックも実施する。
 
201803201624_3.jpg
無料のセルフチェックコーナーとヘルスケアラウンジ

 「matsukiyo LAB」として、同社の管理栄養士が味や成分レシピの監修に参画したオリジナルサプリメント「matsukiyo LAB」と、これらサービスとの2軸で展開している。今後も「matsukiyo LAB」ブランドのサプリメントとサービスを拡充していく。