従業員への教育は「押し付け」になるからしないと語るケーズホールディングスの加藤修一相談役。自ら「手抜き経営」というだけあって、手を抜くほど会社が大きくなるケーズデンキの「がんばらない経営」は、現場の販売員にまで浸透している。経営の第一線から退いた今、全国の小さな店舗への訪問活動をしているというが、そこでも「押し付け」をしない姿勢は徹底している。

取材・文/ 細田 立圭志、写真/ 大星直輝