「モーターの日立」「技術の日立」の異名をもつ日立製作所は、1910年に国産初の5馬力モーターを開発した。日立鉱山で使われたそのモーターの技術力を活かして製造されたのが、これまた国産初の電気機関車だ。