• ホーム
  • 業界動向
  • <Windows PCメーカー10社に聞く>(4)今後の販促支援と宣伝展開のキーコンセプトは

<Windows PCメーカー10社に聞く>(4)今後の販促支援と宣伝展開のキーコンセプトは

特集

2016/09/26 10:30

 国内外の10社が一堂に介した「PCメーカー座談会」では、三つのグループに分かれ、それぞれ異なるテーマで議論した。この座談会の開催にあたり、事前に質問した「4つの疑問」の各社の回答を紹介する。厳しい市況が続くPC市場に打開策はあるのか。

■Windows PCメーカー座談会 2016秋<Discussion>
・コンシューマPCに求められていることとは
https://www.bcnretail.com/market/detail/20160926_11879.html
・売り場で求められる消費者へのアピールポイント
https://www.bcnretail.com/market/detail/20160926_11884.html
・スマホ/タブレットとの差別化
https://www.bcnretail.com/market/detail/20160926_11885.html
・家庭内におけるPCの役割とは何か?
https://www.bcnretail.com/market/detail/20160926_11886.html


■Windows PCメーカー座談会 2016秋<PCメーカー各社に聞く4つの疑問>

(4)今後の販促支援と宣伝展開のキーコンセプトは

ASUS JAPAN
「ワンランク上の贅沢を誰にでも」、「想像を超えたその先へ」をテーマに、消費者のデジタルライフをもっともっと充実できるようにこれからも努力していく。

NECパーソナルコンピュータ
生活のデジタルへの依存度は今後も高くなっていく。PCの利用機会はまだ拡大の余地を多く残している。PCをどれだけ深く活用いただけるかの利用提案に力点を置く。これは当社だけではなく、業界を挙げて取り組んでいくべき課題だ。

デル
デザインや素材にこだわったXPSや、ゲーム専用設計のALIENWAREなどの製品ブランド認知を通じ、お客様からイノベーティブなブランドとして高い評価をいただいている。今後、パートナー様のお力もいただきつつ、さらなる認知拡大を目指したい。

東芝クライアントソリューション
安心して、快適にPCを使い続けていただくための東芝ならではの工夫の数々を「dynabook Quality」として訴求していく。すでに、お客様に身近なWebサイトでは、親しみやすい絵や動画で「dynabook 100トリビア」を紹介し、ここで紹介した様々なこだわりで創られたdynabookを、実際に店頭で確かめていただくような展開を図っている。

日本エイサー
「世界一」「世界初」のような製品開発力をアピールし、製品の開発力と技術力のあるメーカーだと広く知っていただきたい。あわせて、安心してご使用いただける信頼性の高さもアピールしていく。

◇日本マイクロソフト
50~65歳を中心としたアクティブシニア層に向けたキャンペーンや、WDLCでのお子様と親を対象とした「My First PC はじめてのマイパソコン」キャンペーンなど、様々なユーザー層に対して、それぞれに最適なPCの活用シナリオをご提案していく。

VAIO
モノづくりのポリシーである「最高のアウトプットを生み出すことに挑戦する人々に『快』を提供する」を意識し、各商品の「快」を具体的に伝えていきたい。お客様との接点ごとに効果的な施策をご用意する。

パナソニック
「レッツノート」は、モバイルワーカーがいつでもどこでも安心して利用するためのノートPC。店頭で「レッツノート」を直接触って体感いただけるような来店促進支援や宣伝展開を今後も継続する。

富士通
PCのスペックだけでは需要を喚起できない。やはり「コト売り」が重要だと思う。「最新PCによる快適なPCライフ」をいかに具体的にお客様に伝えられるか。そして、そのコンセプトがお客様に受け入れられるかがカギとなる。

レノボ・ジャパン
レノボはグローバルな開発体制で、YOGA BOOKのような誰も思いつかなかったユニークな製品を次々と世に送り出している。手に取った方がワクワクするような野心的なデザインや、常に新しいものにチャレンジしているブランドであることを、プロモーションの中でも伝えていきたい。
 
※『BCN RETAIL REVIEW』2016年10月号から転載

オススメの記事