ロフトの売り場づくりのこだわりは、「何かある」「きっとある」という顧客の期待感に応える点にある。「何かある」とは、店舗に行けばワクワクするような新しい発見があること、「きっとある」とは、そのカテゴリの品揃えに抜かりがないことだ。