• ホーム
  • 業界動向
  • ポータブルナビでできるあんなこと、こんなこと、三洋電機のゴリラ担当に聞く

ポータブルナビでできるあんなこと、こんなこと、三洋電機のゴリラ担当に聞く

インタビュー

2010/10/13 17:35

 あなたはポータブルナビを使っているだろうか。「ナビ? クルマ持ってないし、地図ならケータイで十分でしょ」と思っているなら、この記事は必読だ。いま、ポータブルナビのメーカーは、使い道を広げたポータブルナビのエントリーモデルのラインアップ充実に力を入れている。「BCNランキング」(2010年9月)で販売台数シェア1位の三洋電機は、9月1日、エントリーモデル「ゴリラ・ライト」から、上位機種の5.0V型「NV-LB60DT」を発売した。初めてポータブルナビを使うユーザーにおすすめモデルの一つだ。三洋電機コンシューマエレクトロニクスの車載機器事業部 市販企画課の羽立一豊課長に、「NV-LB60DT」の使い道を教えてもらおう。

NV-LB60DT

 ──ナビといえば、クルマで便利に使うイメージがあります。ポータブルナビは商品としては魅力的なのですが、私はクルマをもっていないので、それでも買う意味があるかどうか、迷っています。

 「NV-LB60DT」は、クルマだけでなく、持ち出して外で使うことも想定しています。ボディが小型・軽量で持ち運びやすく、画面が縦横両方の表示に対応しているので、散歩で使っても便利です。地図だけでなく、ワンセグ対応で移動中にテレビも見られます。

 ──具体的には、どんな利用シーンになるのでしょう。

 町歩きで、地図として使うのはどうでしょう。面白そうなルートをビジュアルで分かりやすく案内するので、見どころにストレスなく到着できますし、周辺のコンビニエンスストアやATM、レストランなどをすばやく検索できます。片手にポータブルナビを持って歩けば、町歩きの楽しさがきっと広がります。

 ──それは、携帯電話でもできると思うのですが……。

 もちろん、地図や検索端末として、ケータイは非常に便利です。しかし、「NV-LB60DT」には、当社が15年間培ってきたナビゲーションの技術を盛り込んでいます。ナビゲーションの正確さや高画質画面の見やすさなど、ナビとしての使い勝手は携帯電話よりすぐれていると自信をもっていえます。

車載機器事業部 市販企画課の羽立一豊課長

 ──正確なナビゲーションや見やすさは、他社メーカーも謳っています。「NV-LB60DT」など、ゴリラ・ライトだけでできることは何でしょうか。

 ゴリラ・ライトシリーズは、ゴリラのホームページから独自のアプリケーション「Gアプリ」を無料でダウンロードできます。アプリは、計算機やスライドパズル、地下鉄路線図など、いろいろと揃えています。これは他社メーカーにはないゴリラ・ライトだけのサービスです。アプリケーションは、これからどんどん拡大していきます。例えば12月には、東京の下町や京都など全国観光地の散歩コースを収録する「お散歩アプリ」を提供します。

 ──逆に、クルマで使うユーザーにとっては、「NV-LB60DT」のメリットはどこにあるのでしょう。

 「NV-LB60DT」は、ゴリラ・ライトシリーズで初めてジャイロセンサを搭載し、従来機より正確なナビゲーションを実現しています。このほかにも、起動から約10秒で自車の位置を測位する「クイックGPS」や、全国1331エリアで建物の形や道路幅の違いを表示する詳細市街地図を収めた8GBのSSDなど、ゴリラの標準機能を備えているので、クルマでも便利に、安心して利用できます。

無料で追加ダウンロードできる「Gアプリ」

 ──最後に、「NV-LB60DT」をひと言でアピールしてください。

 「NV-LB60DT」は、価格を抑えながらも、クルマではしっかりしたカーナビとして使え、外では楽しい使い道もたくさんあります。欲張りなユーザーにピッタリのナビゲーションです。

 ──私も迷いが吹っ切れたような思いです。どうもありがとうございました。

ゴリラライト「NV-LB60DT」■幅128×奥行き18.8×高さ85mm、重さ215g。バッテリ連続駆動時間約150分。実勢価格5万5000円前後。

BCN・ゼンフ ミシャ)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで129品目を対象としています。

オススメの記事