[セキュリティソフト部門][システムメンテナンスソフト部門]
4年連続No.1の実力で
最高のセキュリティ対策を提供


 パソコンに保存した重要な情報を、ウイルスなどの脅威からガードするのがセキュリティソフト。シマンテックは、この「セキュリティソフト部門」と「システムメンテナンスソフト部門」で2冠を獲得した。安全なパソコン環境の構築に、シマンテックの果たす役割は大きい。



■トータルセキュリティを提供

 インターネットを使うためには「セキュリティ」製品の導入が必須。インターネットにはウイルスやワームの他、外部からの悪質な攻撃、スパムメール、フィッシング詐欺など、犯罪を含めたあらゆる脅威が渦巻いている。

 「セキュリティ」を正しく導入していなければ、これら悪意のある攻撃や犯罪に巻き込まれる危険も高い。同時に、自分のパソコンが利用され、知らず知らずのうちに加害者になる危険性をはらんでいる。

 これらの脅威は多岐に渡り、たとえばウイルス対策だけでは、ハッカーやスパムメールなどの攻撃を防ぐことはできなくなっている。シマンテックではウイルスやハッカーからの攻撃、個人情報の流出などをブロックする「ノートン・インターネットセキュリティ」や、ウイルス対策、システムトラブルからの復旧など、パソコンの安全性と信頼性を維持する「ノートン・システムワークス」などを「トータルセキュリティ製品」として提供している。

 また、年々高度化するセキュリティ対策を一般ユーザーにも簡単に理解できるように、様々な啓蒙活動にも積極的だ。

 昨年は、「ノートン・インターネットセキュリティ」のパッケージと、このソフトの使い方をやさしく紹介した解説本「できるシリーズ特別版」をセットにし、優待価格を設定した特別優待パッケージを発売。初心者ユーザーでも、自分の環境に合わせて簡単に設定ができ、情報漏えいなどの不安を解消できる入門セットとして人気を呼んだ。

■進化する脅威に自己防衛が必要

 「システムメンテナンスソフト」部門賞を獲得した「ノートン・システムワークス」は、パソコンの最適なメンテナンスを行い、大切なデータを保護するトラブル解決ソフト。両製品ともパソコンに保存されているデータを守るという意味では、コンセプトが一致している。

 こうしたきめ細かいセキュリティ関連ソフトによって、シマンテックは「信頼」と「安心」のベンダーとして認知され、一般ユーザーに浸透した。また、一昨年のブラスター騒動では、対策CD-ROMを店頭で配付するなど、すばやい対応も信頼につながった。

 最新の脅威に対して常に適切な設定が可能なため、ユーザーの手間も少なく販売店が奨めやすいソフトウェアとなったのも人気の要因だろう。

 インターネットの普及により、脅威は進化している。ユーザーとしては、パソコンのなかの重要な情報をウイルスや悪質なハッカーから守るためにも、セキュリティソフトによる自己防衛が欠かせない。(フリーペーパー・月刊「BCNランキング」創刊準備号掲載)