完全ワイヤレスイヤホン市場、ノイズキャンセリング対応比率が5割に迫る

アナリストPOSデータ分析

2021/07/12 13:00

 ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン(TWS)の販売数構成比が拡大し6月時点で約5割に上っている。家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかになった。


 21年6月に販売されたTWSのうち、ノイズキャンセリング対応製品の販売数構成比は47.1%と過去最高を記録した。19年1月時点は10%にも満たなかったが、7月にソニーが「WF-1000XM3」を発売したことで11.7ポイント増の15.7%を記録。10月にはアップルが「AirPods Pro」を発売したことで20%を超え、11月には31.9%まで上昇した。20年になると、パナソニックゼンハイザーなどのメーカーも対応製品を発売し始め、市場は更に盛り上がりを見せた。5月には初めて40%を突破し、その後も4割前後で推移していた。

 特に影響が大きいのは「AirPods Pro」だ。21年6月に販売されたノイズキャンセリング対応TWSの47.5%を占めた。ソニーの新機種「WF-1000XM4」が20.3%と続く。6月25日発売ながら予約段階から好調な販売数を記録している。このほか、比較的低価格な製品も登場し始めており、以前より購入の敷居が下がってきたことも構成比拡大に貢献しているようだ。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


サンプルデータ 無料ダウンロード

この記事で使われたデータのサンプルをダウンロード可能です。 下記のデータをご覧いただけます。


  • TWS チャートのデータソース
  • TWS 機種別ランキング

※ダウンロードには登録が必要です。


オススメの記事