コロナ禍でPCオンラインゲームのプレー時間増加、若年層で顕著

アナリスト調査レポート

2021/07/07 16:40

 BCNでは2021年2月に「第2回 PCオンラインゲームプレーヤー調査」を実施した。2020年に続き、今回で2回目。PCオンラインゲームをプレーしている500名を対象とした。

図1 コロナ禍によるPCオンラインゲームのプレー時間の変化

 コロナ禍でPCオンラインゲームのプレー時間がどう変化したかについて、48.4%が「増えた」と回答。外出自粛で自宅時間が増えたことでPCオンラインゲームを以前よりもプレーするようになった人が、およそ半数に上ることが分かった。年代別でみると若年層ほどその傾向が強く、10代(調査対象者は15-19歳)は66.3%、20代は56.8%と他の年代に比べて比率が高かった。

上記リサーチに関する詳細、お問い合わせはこちら

 【BCN調査レポート】第2回 PCオンラインゲームプレーヤー調査 報告書
   

https://www.bcnretail.com/research/detail/20210330_218966.html




 株式会社BCN
 BCN営業部
 TEL:03-3254-7801
 Mail:dataservice@bcn.co.jp

オススメの記事