インターネット環境とスマートフォンの普及により、1人あたりが所有するデータ量が増加。また、画像・動画の高画素化や音楽の高音質化も進んだことで、個人のデータ容量をさらに圧迫しています。データの保存場所は従来の外付けハードディスクだけではなく、ネットを介したクラウドサービスやNASも注目が集まっていますが、それにはデータ共有なども必要になるため、ユーザーにとって、さらなる不満の種となる可能性があります。

 そこで、ユーザーは実際にどのようなデータの管理をしているのか、その状況において、どのような不満を持っているのか、どのようなニーズがあるのかを把握し、対象者にとって、最適なデータ管理方法は何かを探る調査を実施しました。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
サンプル 1000件
調査対象 撮影した写真or動画を保存 かつ 写真・動画の保存状況に不満を持っている人
調査実施期間 2017年7月21日から23日の計3日間
企画 株式会社BCN

価格
結果ローデータ+レポートセット 40万円(税抜)

目次
  • 属性
  • 総括
 
第1章 写真・動画の撮影とデータ保存状況・意識
  • 1-1 各撮影機器のメーカー
  • 1-2 スマートフォンとデジカメの使い分け、撮影機器ごとの利用頻度
  • 1-3 不満を持つ機器・サービス、被写体ごとのデータ復元意向
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -1
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -2
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -3
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -4
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -5
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -6
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -7
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -8
  • 1-4 写真・動画の保存における不満内容 -9
  • 1-5 機器・サービスごとに保存している写真の枚数 -1
  • 1-5 機器・サービスごとに保存している写真の枚数 -2
  • 1-6 機器・サービスごとに保存している動画の本数 -1
  • 1-6 機器・サービスごとに保存している動画の本数 -2
  • 1-7 機器・サービスごとのデータ処理・対応方法 -1
  • 1-7 機器・サービスごとのデータ処理・対応方法 -2
  • 1-8 データ保存に対する満足度と意識

第2章 データ保存に利用している機器について
  • 2-1 データ保存に利用している機器の購入時期
  • 2-2 データ保存に利用している機器の購入場所
  • 2-3 データ保存に利用している機器の利用理由
  • 2-4 データ保存に利用している機器のメーカー
  • 2-5 データ保存に利用している機器の満足度

第3章 撮影後のデータ活用とデータ保存先の機器・サービス
  • 3-1 現状の撮影データ活用
  • 3-2 今後の撮影データ活用
  • 3-3 撮影データを投稿・共有するSNSや動画サイト、プリント方法
  • 3-4 撮影データのプリント目的、利用をやめたい機器やサービス
  • 3-5 機器やサービスの利用をやめたい理由 -1
  • 3-5 機器やサービスの利用をやめたい理由 -2
  • 3-5 機器やサービスの利用をやめたい理由 -3
  • 3-5 機器やサービスの利用をやめたい理由 -4
  • 3-5 機器やサービスの利用をやめたい理由 -5
  • 3-5 機器やサービスの利用をやめたい理由 -6
  • 3-6 新規・増強したい機器やサービス、データ保存先の重視点