街頭や店内に設置される防犯カメラによって、犯罪が発生した際、テレビなどで放送されることが多くなっています。一般家庭においても防犯に対する意識が高まっており、自宅に防犯カメラを設置する家庭も増え、自宅外にとどまらず、自宅内における子どもやペットを対象にした見守りカメラの需要も緩やかに高まっています。そこで、防犯・見守りカメラ(以下、レポート内ではカメラと表記)の購入や利用、設置の実態と録画した映像の確認や保存状況について調べました。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
サンプル 500件
調査対象 防犯・見守りカメラを所有している人
調査実施期間 2017年3月16日から20日の計5日間
企画 株式会社BCN

価格
結果ローデータ+レポートセット 40万円(税抜)

目次
  • 属性
  • スクリーニング
  • 総括
 
第1章  防犯・カメラの購入、利用、設置の実態
  • 1-1 防犯・カメラの購入きっかけ
  • 1-2 防犯・カメラの購入場所と購入価格帯
  • 1-3 防犯・カメラの購入重視点
  • 1-4 防犯・カメラの対応場所と機器の設置・設定者
  • 1-5 機器設定に利用したデバイスと設定変更した内容
  • 1-6 防犯・カメラの設置場所
  • 1-7 防犯・カメラの撮影対象と撮影時の画質
  • 1-8 防犯・カメラの搭載・利用機能と改善要望

第2章 録画映像の確認と保存
  • 2-1  録画した動画の確認機器と通信方法
  • 2-2  映像の確認場所・シーンと自宅内外の比率
  • 2-3  映像を確認する時間と時間帯
  • 2-4  録画した映像の保存状況と保存機器
  • 2-5  映像の保存期間と満足度
  • 2-6  防犯・見守りカメラに対する不満点 -1
  • 2-7  防犯・見守りカメラに対する不満点 -2
  • 2-8  防犯・見守りカメラに対する不満点 -3
  • 2-9  防犯・見守りカメラに対する不満点 -4
  • 2-10 防犯・見守りカメラとセキュリティに対する意識