家庭内の固定ネット回線は光回線が普及し、これまでのADSLからの世代交代が加速しています。今年6月をもってADSLの新規契約を終了する通信キャリアもあるため、今後は光が主流になるのは間違いありません。
 一方、固定ネット回線を契約せず、モバイルルーターやスマホ・携帯のテザリング機能を利用する傾向も表面化しつつあります。
 こうした背景から、固定ネット回線の契約と利用状況、今後の意向、そして家庭内と屋外におけるネット利用の実態の分析などを調査の目的としています。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
サンプル 1000件
調査対象 固定ネット回線の契約主体者(自分で固定ネット回線を契約した人)
調査実施期間 2016年2月23日から25日の計3日間
企画 株式会社BCN

価格
結果ローデータ+レポートセット 40万円(税抜)

目次
  • 属性
  • 総括
 
第1章 固定ネット回線の契約と利用状況、セキュリティ対策について
  • 1-1  契約した固定回線と内容
  • 1-2  回線を契約した店舗
  • 1-3  契約した回線の事業者
  • 1-4  利用しているプロバイダ
  • 1-5  回線を契約した理由
  • 1-6  回線導入の時期
  • 1-7  プロバイダの変更経験の有無とその理由
  • 1-8  回線契約で重視した点
  • 1-9  回線に接続している機器と利用している機器
  • 1-10  回線に接続している機器の台数
  • 1-11  回線に接続している機器のセキュリティ対策

第2章 固定ネット回線の利用満足度と今後の意向について
  • 2-1  屋外に持ち出す機器
  • 2-2  屋外でのネット接続
  • 2-3  固定ネット回線で通信する内容
  • 2-4  回線の月額利用料と通信容量の把握
  • 2-5  回線の通信容量と料金・容量のバランス
  • 2-6  利用回線に対する満足度
  • 2-7  回線に対して不満を感じる点 -1
  • 2-7  回線に対して不満を感じる点 -2
  • 2-7  回線に対して不満を感じる点 -3
  • 2-8  回線の乗り替え予定とその理由
  • 2-9  回線の乗り替え・解約時の利用形態
  • 2-10  ADSL新規契約の終了とネット環境の回線事項
  • 2-11  ネット接続で不安に思う点 -1
  • 2-11  ネット接続で不安に思う点 -2
  • 2-11  ネット接続で不安に思う点 -3