2011年3月11日の震災以降、消費者の節電意識が高まったことから、消費電力の少ないLED電球への期待が高まっている事に加え、経済的にも負担が軽いことから、今後家庭での更なる需要が見込まれそうです。<br /><br /> 今回は、BCNデータサービス開始予定に伴い、LED電球についての調査を企画いたしました。データサービスよりも一足早くご案内させていただきます。実際にユーザーが導入した後の経過や、家庭内の誰が購入キーマンなのか、など具体的に調査致しますので、今後の販売戦略・製品開発等にお使い下さい。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 2000名(性/年齢は人口構成比に合わせて回収)
調査実施期間 2011年12月2日~2012年12月5日
企画 株式会社BCN

価格
ローデータ 10万円(税抜)

目次
主な調査項目
  • ■自宅に付いている電球の数はいくつか(共通)
  • ■何個LED電球に切り替わっているか(購入者のみ)
  • ■LED電球の購入決定者は誰か(共通)
     20代男性・30代女性…
  • ■自宅でLED電球を使用している場所はどこか(購入者のみ)
     玄関/廊下/階段/トイレ/洗面所/風呂場/居間・リビング/キッチン
  • ■使用しているLED電球のメーカー
  • ■(未購入者に)LED電球を購入したいか/(購入者に)今後いつごろ購入したいか
  • ■初めてLED電球を購入した時期はいつか(購入者のみ)
  • ■その製品を選んだ(今後選ぶ)決め手は何か(共通)
     価格、メーカー、店員のおすすめ、密閉型対応…
      ⇒メーカーはどのメーカーか
      ⇒なぜそのメーカーを選んだか
  • ■LED電球の不満点は何か
     重い点/暗い点/明かりがチラつく点/光が広がらない点…
  • ■LED電球を購入したい想定価格はいくらか(共通)
     1,000円未満/1,000円~1,500円未満/1,500円~2,000円未満/
     2,000円~2,500円未満/2,500円~3,000円未満/
     3,000円~3,500円未満/それ以上
  • ■LED電球をどこで購入したか、また、購入したいか(共通)
     家電量販店、ホームセンター、GMS、コンビニ…