• ホーム
  • ライフスタイル
  • ビジネス特化型SNS「LinkedIn」で全世界から集客! フリーランスにおすすめの理由とは

ビジネス特化型SNS「LinkedIn」で全世界から集客! フリーランスにおすすめの理由とは

レビュー

2022/09/13 17:00

 フリーランスが仕事を獲得する際は、自分で情報を収集し、情報交換ができる仲間を見つける必要がある。さらに、SNSなどで自らをPRしなくてならない。しかし、SNSでは思ったように集客が見込めず、人脈が築けないといった悩みを抱える人もいるだろう。そんな悩みを解決してくれるのが、ビジネス特化型SNSの「LinkedIn(リンクトイン)」だ。

世界200カ国、7億7400万人のユーザーが愛用する「LinkedIn(リンクトイン)」

 ここでは、以下の内容について解説する。

(1)LinkedInの概要
(2)LinkedInがフリーランスにおすすめの理由
(3)LinkedInの使い方
(4)LinkedInの特徴・メリット

 「SNSをもっと有効に活用して人脈を築きたい」「効率よくビジネスに関する情報を収集したい」というフリーランスの人はぜひ参考にしてほしい。
 

LinkedInの概要

 日本をはじめとする世界200カ国で利用されているビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」は、2003年5月5日に米国で誕生した。ユーザー数は7億7400万人と、もはやビジネスシーンにおいて必須のツールとなっている。

 LinkedInは「世界で働くすべての人のために、経済的なチャンスを作り出す。」をビジョンに掲げ、ビジネスパーソンの業務効率化をサポートする。また、キャリアの可能性を広げるきっかけづくりも担っている。
 

LinkedInがフリーランスにおすすめの理由

ビジネスに特化したSNSだからこそ効率よく集客できる

 SNS社会と言われるが、SNSでの集客はそう簡単なことではない。また、FacebookやInstagramは、ビジネスシーン以外のプライベートで活用するユーザーも多いため、多くのユーザーに紛れてしまい、自分のスキルや能力をアピールする場が喪失されがちだ。

 では、LinkedInはフリーランスにとってどのような有益な場を提供してくれるのだろうか。LinkedInがフリーランスにおすすめの理由について解説する。
 

スキルのブランド化を実現

スキルテストによりスキル能力の可視化が実現

 SNSやクラウドソーシングのプロフィール上に、これまでのキャリアを掲載したとしても信憑性に欠ける。例えばライターの場合、「年間200本執筆」と数字で示したとしても、ライティングスキルまではクライアントに伝わらないだろう。これでは、たとえ優れたスキルを持っていたとしても、一向に仕事には繋がらない。

 LinkedInでは、スキルテストを実施。もちろん任意ではあるが、このスキルテストによってスキルのブランド化が図れる。スキルテストを実施している専門分野は以下の三つに分類されており、選択式の問題を解く方式を導入している。

・テクノロジースキル
・ビジネススキル
・デザインスキル

 スキルテストにより、三つのスキルブランドの構築だけではなく、自分のスキルの習熟度を客観的に知る良いきっかけにもなるだろう。

 なお、テクノロジースキルではGoogle AnalyticsやGoogle Cloud Platform(GCP)などに関する内容を、ビジネススキルではMicrosoft Excel、Microsoft Outlookなどに関する内容のテストを実施している。

 また、デザインスキルではiMovieやKeynoteに関する内容のテストを実施するなど、各種試験に合格すると十分に専門性をアピールできるに違いない。

 ちなみに、合格の条件はスキルテストで出題される15問の問題を回答し、上位30%に入ることと定められており、合格するとバッジが付与される。

 バッジはプロフィール上で表示されるため、他のフリーランスとの差別化が図れるだろう。
 

フリーランス仲間との交流の場を創出

グループで共通の趣味・思考を持つ仲間を探せる

 フリーランスはどうしても、会社に所属している人と比べると他人との交流が減ってしまいがちだ。取引先との交流はあっても、同業種のフリーランスなど同じ悩みを共有できる仲間を見つけるのは難しいだろう。

 LinkedInはビジネスに特化したSNSであるため、比較的スムーズにフリーランス仲間を見つけられる。しかも、グループに参加すると共通の趣味を持つ仲間や同じ専門分野で活躍する仲間と出会えるため、フリーランスとして成長するために必要な情報が得られる点も魅力的だ。

 なお、「グループに所属するのが苦手」という人はハッシュタグを活用すれば仲間を見つけられる。「#デジタルトランスフォーメーション」など興味のあるワードを検索してみてはいかがだろうか。
 

LinkedInの使い方

LinkedIn独自のアカウントを作成する必要がある

 LinkedInに登録後は、単なるユーザーに留まっていてはもったいない。LinkedInは、人脈を築いたりビジネスチャンスを得たりと、さまざまな活用方法があるからだ。

 LinkedInで有意義な活動を行うためにも、LinkedInの使い方を十分に理解しておいた方がいいだろう。また、全世界に7億7400万人いるユーザーの中に埋もれないためにも、LinkedInで活動する上でのポイントを押さえておくことも推奨する。

 登録方法も含め、LinkedInの使い方を解説する。
 

他のユーザーとの差別化を図るならプロフィールが重要

LinkedInクリエイターはプロフィール作成時に役立つ情報が満載

 LinkedInでは、始めにアカウントを作成する必要がある。登録時にGoogleアカウントなど、他のアカウントを活用できない点は少々手間取る印象を受けるが、登録自体は数分あれば完了する。

 LinkedInに登録する際には、次の流れに沿って行う。

1.LinkedIn公式ホームページにアクセス
2.会員登録のページアクセス(https://www.LinkedIn.com/)
3.メールアドレスを入力
4.好きなパスワードを8桁で設定
5.氏名を入力
6.セキュリティ検証
7.「国/地域」「市/区」を選択する
8.職種または役職を入力する
9.雇用形態を入力する
10.メール認証
11.つながり申請
12.プロフィール画像の設定
13.LinkedInのアプリのURLが表示される
14.関心のあるトピックスを選択
15.登録完了

 LinkedInは、単なる交流の場ではない。知名度を上げるだけではなく、集客や交渉の場としても活用できるため実名で登録した方がいい。

 さらに、より多くのユーザーに自分が行っている事業の内容を把握してもらうためにも、以下の内容をプロフィール内容に含むことを推奨する。

・ヘッドライン
・自己紹介
・職歴

 特に、ヘッドラインは最も目につくといっても過言ではないため、しっかり内容を構築した方が良い。「どのような内容にしたらいいのか分からない」という人は、LinkedInが開催している「LinkedInクリエイター講座」を活用してノウハウを学ぶのも一つの手だ。

 また、登録時に「市/区」を選択するシーンでつまずく場合がある。指示されるがまま、居住地の市と区を入力しようとしても入力できないのだ。

 どうやら、地方の市区町村など知名度が低いエリアの場合は入力できないようだが、周辺の都市を入力するとパスできる。

 そして、登録はメール認証が必須であるが、メールアドレスを入力ミスすると認証コードが届かない。スムーズな登録を実現するためにも、メールアドレスを入力する際には入力ミスがないか確認することを推奨する。
 

「つながり」で周知度を高める

フリーランスにとって重要度が高い周知度アップのサポートも

 フリーランスにとって重要な課題とも言える周知度。どれだけ素晴らしいスキルを持っていても、周知度がないことには仕事には繋がらない。

 LinkedInは、そのような悩みもカバーしてくれる。「つながり」と称した機能を活用することで、人脈を構築することが可能なのだ。

 この機能により、見ず知らずのユーザーとも接点を持てることはもちろんのこと、メールアドレスを使って知り合いをインポートできる。

 「つながり」は5段階に設定されており、次のように各段階でステータスが異なる。

(1)1次コンタクト…直接繋がっているユーザー。メッセージのやり取りが可能
(2)2次コンタクト…1次コンタクトの友達(友達の友達)。つながり申請が可能
(3)3次コンタクト…その他
(4)フォロワー…自分をフォローしているユーザー
(5)グループメンバー…同じグループに参加しているメンバー

 なお、つながりのステータスにおいて直接やり取りができるのは1次コンタクトのユーザーのみとなっており、1次コンタクトのユーザーのプロフィールには「1」と表示されている。
 

求人情報で効率よく仕事探し

求職者向けに仕事に役立つ情報を無料で配信

 「人脈を築いたからといって、すぐに仕事がもらえるわけではない」と考える人もいるのではないだろうか。実際、よほど専門性が高いジャンルの仕事ではない限り、同業種かつライバルのフリーランスも少なくないため、すぐに仕事を得るのは難しいだろう。

 LinkedInには、求人情報が掲載されているため人脈を築きながら仕事を探せる。しかも、LinkedInでは求職者向けに仕事探しに役立つ情報を無料で動画配信している。

 「履歴書を書く際のポイントが知りたい」「LinkedInで仕事を得る方法が知りたい」という人は、ぜひ一度視聴してみてほしい。きっと仕事探しに必要なヒントが得られるだろう。
 

LinkedInの特徴とメリット

 LinkedInはビジネスに特化したSNSだが、SNSとしての機能だけではなく、次のような特徴を持ち合わせている。

・外資系企業の仕事が探せる
・学習ツールでスキルを伸ばせる

 LinkedInの最大の強みは、外資系企業の仕事が探せることだろう。他のSNSで外資系企業の仕事を探そうとしてもそう簡単なことではない。職種によっては、求人情報サイトや転職エージェントに掲載していない場合もあるだろう。

 しかし、全世界におけるB to Bマーケティングリードの約80%を占めているLinkedInなら効率よく外資系の仕事が探せる。

 その上、LinkedInのコンテンツの読者のうち約45%はCEOやマネージャーなど管理職が占めている。接点を持ち、自分のスキルを十分にアピールすることで外資系企業で働くのも夢ではない。

 外資系企業の求人を効率よく探せるというのはLinkedInのメリットと言える。また、LinkedInでは「LinkedIn LEARNING」と称したスキルアップ講座を開設。企業に属していないため、上司や先輩から教わる機会がないフリーランスにとって、非常に心強いコンテンツと言えるだろう。

 これらの機能により有意義に活動できるという点もLinkedInのメリットである。ちなみに、LinkedInは米国発のSNSとだけあって講座は英語のみとなっている。

 そのため、語学力は求められるが、日本のビジネスとは異なった視点での講座が受けられるというのは大変興味深い。
 

LinkedInは国内外問わず活躍したいフリーランス向け

LinkedIn LEARNINGでさらなる高みを目指せる

 LinkedInは日本国内ではそこまでまだ認知されていないが、ビジネスに特化したSNSとして今後注目が高まることが予想される。国内外問わず活躍したいフリーランスにとっては、非常に使いやすいSNSと言えるだろう。

 また、フリーランスとして切磋琢磨できる仲間を探せるだけではなく、LinkedIn LEARNINGでのスキルアップや求人情報による仕事探しも実現する。

 さらには、世界中の管理職と繋がる機会に恵まれるというのは、LinkedInならではの魅力と言っても過言ではない。今後さらに飛躍したいフリーランスの方は、ぜひ一度、LinkedInを試してみるといい。(GEAR)
ギャラリーページ

オススメの記事