エアコンで冷えた身体を温める 無印良品の食べるスープ

レビュー

2022/08/08 12:00

 人気の高い無印良品の食料品。エアコンの冷房運転で冷えた身体を温めるのにおすすめなのが、食べるスープだ。フリーズドライされた具沢山のスープは、手軽に持ち運びできて賞味期限も長いことから、防災用の非常食としても活躍する。また、ごはんを入れたりパスタにかけたりとアレンジも楽しめる。

無印良品の食べるスープを購入(筆者撮影)
 

エアコンの冷房で冷えた身体を温める無印良品の具沢山スープ


 生活雑貨や衣料品の他にも、お手頃価格でおいしいと人気が高い無印良品の食料品。メジャーどころでいえば、不揃いバウムやお菓子、レトルトカレーなどがある。

 そんな人気商品の他にも、真夏の暑い季節にピッタリな商品も取り揃えられている。

 一般的には夏になると冷たいものが食べたくなるが、エアコンの冷房運転の効いた室内に長時間いると、身体が冷えて温かいものが食べたくなる。そんな時におすすめなのが無印良品の「食べるスープ」だ。
 
具沢山な無印良品の食べるスープ(筆者撮影)

 無印良品の食べるスープシリーズは、キューブ型のフリーズドライ状になっている。お椀にフリーズドライキューブを入れ、お湯を注ぎ、1分ほど待つと簡単にスープが出来上がる。

 無印良品のスープは、「食べる」というネーミングの通り、野菜などたっぷりの具材がフリーズドライされている。ラインナップも豊富に取り揃えられ、無印良品で人気のある商品の一つだ。
 

無印良品の食べるスープはフリーズドライでもおいしい

お湯を注ぐだけで出来上がる無印良品の食べるスープ(筆者撮影)

 フリーズドライと聞くと、非常時に食べるものというイメージから、味が少々落ちるのではないかと思うかもしれない。

 しかし、無印良品の食べるスープは素材の旨味までフリーズドライによって良い意味で閉じ込められている。お湯を注ぐだけで、あっという間に旨味たっぷりの具沢山スープが出来上がる。とてもフリーズドライになっていたスープとは思えないクオリティなのだ。
 

持ち運びにもぴったりな無印良品の食べるスープ

フリーズドライになっている無印良品の食べるスープ(筆者撮影)

 フリーズドライ状の無印良品の食べるスープは、旨味が閉じ込められているだけではなく、持ち運びしやすいという利点もある。

 市販のお湯を注ぐだけのカップスープも軽くて携帯するのに便利だが、それ以上に無印良品の食べるスープシリーズは固形なのがポイント。袋を破いたときに飛び散る心配もなく、袋入りで持ち運びしやすく、軽くて手のひらサイズでスペースも取らない。

 職場などでいつも決まった食器を使える場合、無印良品の食べるスープの方が便利だし、プラスチック容器を使わない分、環境にもさやしいだろう。

 食べるスープシリーズは、どれも4食入りで390円とコスパがいいのもポイント。大袋は10食入りで799円だ。お昼休憩にもう一品身体を温める汁物があると、手軽に毎日のランチがワンランクアップしそうだ。
 

非常食としても便利な無印良品の食べるスープ


 無印良品の食べるスープは、フリーズドライになっていて、軽くて場所をとらないことから非常食としても使える。非常用リュックに入れておけば、寒い時期に災害が起こった時に身体を温めるスープが手軽に食べられる。

 無印良品の公式ホームページには、各店舗のスタッフブログが掲載されている。例えば、水戸エクセル店のスタッフブログでは、無印良品の食べるスープは賞味期限が長いことを紹介している。

 商品の種類にもよるが、公式ホームページによると製造日から365日。そのため、非常食としてリュックに備えておいて賞味期限近くになったら入れ替えて食べるという使い方がおすすめだ。

 ラインナップも豊富なので、非常時でも飽きることなくおいしく食べられるだろう。
 

無印良品の食べるスープのラインナップを紹介


 無印良品のスープは続々と新商品が追加され、2022年7月現在の公式ホームページのスープカテゴリーでは30種類ほどが公開されている。

 食べるスープシリーズをはじめ、素材を生かした味噌汁シリーズ、アソート商品や大袋などがある。ミネストローネやオニオンスープといったメジャーなものから、ユッケジャンスープ、コムタンスープなど一風変わった商品も揃っている。その中から筆者おすすめの三つの商品を紹介しよう。
 

無印良品 食べるスープ 豚汁

無印良品の食べるスープ 豚汁(筆者撮影)

 まずおすすめしたいのが「食べるスープ 豚汁」。食べるスープというのにふさわしく、豚肉・キャベツ・油揚げ・ネギなどが入った具沢山のスープだ。

 フリーズドライになっているためゴロゴロというわけではないが、小さくカットされた具材がたくさん入っていて満足感がある。

 ホームページによると、豚肉と野菜の旨みを生かした甘めの味噌仕立て。甘めの味噌がどこか懐かしくてホッとする味だ。生姜パウダーも入っていて身体もしっかり温まる。

 また、味は濃すぎず、豚汁によくある脂っぽさもあまり感じないため飽きずに食べやすい。普段の食卓にも並べられるクオリティの高さだ。
 

無印良品 食べるスープ かぼちゃとさつまいものポタージュ

無印良品の食べるスープ かぼちゃとさつまいものポタージュ(筆者撮影)

 次におすすめしたいのが「食べるスープかぼちゃとさつまいものポタージュ」。さらさらしたスープであっさりとした飲み心地。甘さも、かぼちゃとさつまいもの自然なもので、まったくしつこくない。

 かぼちゃは、皮付きのものを使っているので素材の味がしっかりと感じられる。ポタージュはパンにも合うし、ランチの最後にデザート感覚で食べるのもおすすめだ。
 

無印良品 食べるスープ ユッケジャンスープ

無印良品の食べるスープ ユッケジャンスープ(筆者撮影)

 最後に、辛いもの好きにおすすめなのが「食べるユッケジャンスープ」。牛肉・ほうれん草・にんじんなど6種類の具材がたっぷり入っている。牛肉のうまみがスープにしみて、そこに豆板醤とコチュジャンが効いていて、ピリッとした辛さがクセになる。この辛さが冷えた身体を温めてくれるだろう。夏バテや食欲がない人にもおすすめしたいスープだ。

 辛いのが苦手な人には少々辛めかもしれないが、そういう人にはスープに溶き卵を混ぜるのがおすすめ。辛さがマイルドになり食べやすくなる。

 また、ユッケジャンスープに白米を入れてクッパのようにして食べるのもいい。この3種の他にも、ミネストローネはパスタにかけたり、うどんを入れてみたりとアレンジが自在にできるのも楽しい。
 

種類豊富な無印良品の食べるスープは冷えた身体を温めてくれる

具沢山な無印良品のユッケジャンスープ(筆者撮影)

 無印良品の食べるスープは、フリーズドライになっていて軽く持ち運びにも便利でランチにぴったり。賞味期限も製造日から365日と長いものが多く、非常食としても使える。

 種類も豊富なので、毎日食べても飽きない。また、4食入りで390円とコスパも抜群でお財布にもやさしい。

 フリーズドライにも関わらず、どの種類のスープも具沢山で野菜やお肉の旨みや甘みがしっかり感じられるものばかりで満足感が高い。

 食べるスープ ユッケジャンスープに、白米を入れるとクッパのように食べられてアレンジも楽しめる。ランチや普段の食卓に、簡単にもう一品加えるのにぴったりなものばかりだ。無印良品の食べるスープで、エアコンの冷房で冷えた身体を温めてみてはいかがだろうか。(GEAR)
ギャラリーページ

オススメの記事