メルペイが少額融資サービス開始、メルカリの利用実績が信用情報に

サービス

2021/08/06 17:30

 メルペイは8月3日に、同社が運営するフリマアプリメルカリ」のスマートフォン決済サービス「メルペイ」において、アプリで申し込みと利用が完結する少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を開始した。「メルカリ」の利用実績などを元に金利・利用限度額が決まる。なお、同サービスをはじめて利用する人は、「初回利息分ポイント還元プログラム」によって初回返済分は利息相当分がポイントで還元される。

少額融資サービス「メルペイスマートマネー」

 「メルペイスマートマネー」は、20万円を上限に「メルカリ」における利用実績などを元に金利・利用限度額が決まる、「メルカリ」アプリで申し込みと利用が完結する少額融資サービス。

 一般的な金融システムで用いられる属性情報を元にした与信では、一律で金利・利用限度額が決まるが、同サービスでは「メルカリ」の販売実績などから予測された将来の販売傾向に応じて金利が優遇されるなど、ユーザーの利用状況に合わせて、より活用しやすい条件に変動する。
 
「メルペイスマートマネー」の特徴

 利用にあたっては、申し込み前に適用金利や返済の見通しが表示され、利用中も利息を含めた返済額の合計が表示されるなど、サービスの透明性を高めることで、ユーザー自身が計画的に利用できる。また、一度の申し込みで利用限度額が決まる一般的な貸付方式(極度貸付)とは異なり、利用ごとに「メルカリ」における利用実績などを元に審査を行う(証書貸付)ため、その都度それぞれのユーザーに合った利用限度額に変動する。
 
申し込み時の返済シミュレーション(左)と、利用中の返済見通しの表示イメージ

オススメの記事