最新AndroidスマホでGoogleのサービスがもっと便利に! 「OPPO A73」の使いこなし術

 いまやお世話にならない日はないといっても過言ではないGoogleのサービス。検索はもちろん、地図やメール、クラウドストレージなど、さまざまな用途で生活や仕事をサポートしてくれている。しかし、「使いこなしているか」といわれれば、自信がないという人も多いだろう。最新のAndroidスマートフォン(スマホ)なら、Googleのサービスをもっと手軽に便利に使いこなすことができる。

Googleのサービスと相性抜群のスマホ「OPPO A73」をレビュー

約3万円で高機能満載! Googleと相性抜群の「OPPO A73」

 今回紹介するGoogleのサービスと相性抜群のスマホは、ここ数年で日本市場における存在感が高まっているOPPOの「OPPO A73」。約3万円というお手頃価格で、有機ELディスプレイや4眼カメラを備える今冬の注目モデルだ。OSは、Android 10をベースにした独自のColorOS 7.2で、Googleのサービスを使いやすくする工夫が持ち込まれている。

 まずは、OPPO A73のプロフィールを確認しておこう。画面サイズは6.44インチと大画面で、高精細な有機ELディスプレイ(フルHD+)を採用。写真も動画も美しく描写し、さまざまな作業でスマホ体験をワンランク上げてくれる。特に、これまで液晶ディスプレイのスマホを使っていた人は第一印象からその魅力にひかれることは間違いない。
 
写真も動画もメリハリのある色とコントラストで表示する有機ELディスプレイを搭載。
長時間視聴していても疲れにくいこともメリットだ

 CPUは、Snapdragon 662 SDM662を搭載。RAMが4GB、ROMが64GBと、必要十分なスペックを備えている。特筆したいのが、7.45mmという超薄型のボディだ。手にぴったりとフィットするので、グリップ感も高い。重量も162gと軽量で、モバイル性能を重視したいユーザーに理想的な端末に仕上がっている。
 
薄型・軽量ボディも特筆すべきポイント

 レザー調の背面を採用したデザインも美しい。同価格帯の端末はきょう体の素材もそれなりのものが多いが、OPPO A73はハイエンド機のような高級感をもち、ミドルレンジのモデルの中でも異彩を放っている。カラーは、ダイナミック オレンジとネービー ブルーの2色。ファッショナブルな見た目も人気の理由になっているようだ。
 
背面はレザー調の素材で、ミドルレンジながら高級感がある

 OPPO A73は、ホーム画面に「Google」というフォルダが初期状態から作成されていて、さまざまなサービスにすぐにアクセスできるようになっている。GmailやGoogleマップ、YouTubeなどの定番はもちろん、Google PayやGoogleポッドキャストなどのもしかするとこれまで使ってこなかったサービスを知るきっかけにもなるだろう。また、Google Playプロテクトが定期的に端末をスキャンすることで有害なアプリから端末を保護しているので、セキュリティの不安も少ない。
 
初期から「Google」のさまざまなサービスにすぐアクセスできる設計になっている。
Google Playプロテクトが定期的に端末をスキャンすることで
有害なアプリから端末を保護しているので、セキュリティも安心

高機能の四眼カメラは「Googleレンズ」を標準装備

 スマホを選ぶ上で欠かせないカメラも上位機種顔負けの性能を実現している。背面に1600万画素の広角レンズ、800万画素の超広角レンズ、200万画素のポートレート用レンズ、200万画素のモノクロレンズから構成される4眼カメラであらゆるバリエーションの写真を撮影することが可能だ。
 
カメラは4眼レンズ仕様

 試しに、風景をズーム倍率を変えて撮影してみた。全景を捉えきれないシュチュエーションでも、超広角レンズを使えば空を大きくフレームに収めた雄大な1枚に仕上げることができた。画面がゆがんだり、光で白トビしたりすることもなく、見たままの忠実な色を再現できている点もポイントが高い。また、OPPO A73はデジタルズームで10倍まで寄ることができるが、ディティールが潰れることなく、小さな文字もはっきりと視認することができた。
 
1倍で撮影
 
スーパーワイドで撮影
 
10倍デジタルズームで撮影

 また、ポートレート撮影や夜景撮影など、最新スマホのトレンドともいえる機能についても漏れなく対応している。カメラアプリのタグからすぐさまモード選択できるので、ここぞというときにすぐに起動できる。テクニックやコツもほとんどいらず、誰でも簡単にアーティスティックな写真を撮影することができるのも優れたポイントだろう。
 
ポートレートモードで撮影
 
夜景モードで撮影

 カメラにも、Google製品との親和性の高さを感じる機能もある。それは、「Googleレンズ」をカメラアプリに標準装備していることだ。Googleレンズは、写真やカメラが捉えた被写体を検索して詳細を調べることができる機能だ。画像による検索エンジンと理解すれば分かりやすいかもしれない。

 できることは幅広く、食べ物や植物の名前を特定したり、外国語を翻訳したりと日常的に使いやすいOPPO A73はカメラのモードにはじめから搭載しており、気軽に利用することができる。
 
OPPO A73は「カメラ」からアイコンをタップするだけで、
シームレスにGoogleレンズを利用できる
 
Googleレンズをカメラアプリに標準装備。
食べ物の名前検索やテキストの翻訳など、従来にはなかったカメラ機能だ


 最近のスマホは機能が複雑になっていて、せっかくの高性能をうまく活用できていないというケースも多い。OPPO A73は誰でもなじみのあるGoogleのサービスをうまく本体に組み込むことで、スマホ初心者でも新しい機能を堪能しやすくした。この点は、さまざまなメーカーからエントリー向けのスマホが販売されている中にあっても、注目すべきポイントといえるだろう。

オススメの記事