アップルが第7世代のiPadを発売した。全国の家電量販店やECショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」が直近で公開したタブレットの実売台数ランキングのデータを見ても本機への注目度の高さがうかがえる。最も安価なモデルが3万円台から購入できるというコストパフォーマンスの高さ以外にもどんな魅力が購入者を惹きつけているのだろうか。

3万円台から購入できる第7世代のiPadが10.2インチの画面にサイズアップして登場

サイズアップした10.2インチRetinaディスプレイを搭載

 新しい第7世代のiPadが、2018年の春に発売された第6世代のiPadから変わった点の一つが、9.7インチから10.2インチにサイズアップされたRetinaディスプレイだ。11月2日に日本でもサービスが始まったアップルの新しい動画配信サービス「Apple TV+」や、100タイトルを超えるゲームを月額600円で無制限に提供する「Apple Arcade」など、エンターテインメント系のコンテンツがより快適に楽しめる。

 チップについては64bitアーキテクチャの第4世代「A10 Fusion」と、組み込み型の「M10」コプロセッサの組み合わせを第6世代のiPadから継承している。グラフィックスに凝ったゲームやAR系のアプリも快適に動かせる。
 
第6世代のiPadと同じ「A10 Fusion」を採用。
ARアプリなども快適に動作する

 上位モデルであるiPad Pro、iPad Airとディスプレイの画質を見比べてみても、明るさや色合いの自然なバランスは見劣りしない。ひとつ差を感じるとすればApple Pencilの使い心地だろうか。

 新しいiPadには液晶パネルにタッチセンサー、ガラスパネルを一体化したフルラミネーションディスプレイが採用されていないため、Apple Pencilをディスプレイに当てて描画した後に、ペン先を斜めの角度からのぞき込むと、カバーガラスと線との間に少しギャップがあることがわかる。
 
Apple Pencilは第1世代に対応。フルラミネーションディスプレイを搭載するiPad Proとの違いは、
ペン先と表示される線との間に少しギャップが空く

 フルラミネーションディスプレイ搭載のiPad Proはそのギャップがより小さく、画面の表示更新が速いProMotionテクノロジーにも対応しているため、Apple Pencilによる描画が滑らかだ。もしイラストや漫画を書いたり、画像データの細かな編集作業をメインに使いたいと考えているのであれば、Apple Pencilの描き心地を店頭の実機でしっかりと比べてみると良いだろう。

純正のSmart Keyboardに対応した

 第7世代のiPadからアップル純正のSmart Keyboardに対応した。これで現行ラインアップとして販売されているiPadの中では、iPad miniを除いてSmart Keyboardが使えるようになった。
 
本体のサイズにフィットするSmart Keyboard。
日本語入力にも対応している

 Smart Keyboardについては独自のSmart Connectorを介してiPadと接続するため、充電が要らないところがBluetoothキーボードと比較したときのメリットになる。さらにiPadのディスプレイカバーにもなるので一挙両得だ。
 
Smart Keyboardは本体カバーにもなる

 日本語対応のSmart Keyboardは10.5インチのiPad Air用のアクセサリーと兼用ができる。価格は税別1万7800円。もし2017年に発売されて、現在は生産が完了しているiPad Pro 10.5インチのSmart Keyboardを持っていれば、これも同じく使える。

 筆者は指が細く、手も小さいので10インチ台iPad向けのSmart Keyboardのキーピッチはさほど苦に感じない。ただ、とてもスリムなキーボードなのでキーストロークはどうしても浅くなる。こちらもまた購入前に店頭のデモ機を試しておきたい。
 

[次のページ]PCライクにマルチタスク操作を使いこなす

  • 1
  • 2

次へ