アイリスオーヤマは、ルームエアコン「airwill(エアウィル)」から、スマートスピーカーへの対応によって声で操作できるAWシリーズを5月9日に発売する。初年度に約3万台の販売を目指す。

アイリスオーヤマのスマートスピーカー対応ルームエアコンAWシリーズ

 AWシリーズは、無線LANを本体に内蔵。Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカー、専用アプリから操作できる。忙しくて手が離せない場合や、リモコンが近くにない場合でも、話しかけるだけで電源のオン/オフや温度調整、運転モードの切り替えなどができる。
 
声で操作することができる

 専用アプリは、「IRIS AIR-con」。スマートフォンがリモコン代わりになるほか、生活リズムに合わせた細かな温度環境設定が可能。睡眠中の温度設定を1時間ごとに設定し、快適な睡眠をサポートする。「若者」「お年寄り」「子ども」といった、あらかじめ設定されたモードも用意している。また、起床や就寝、外出や帰宅などのスケジュールに合わせてオン/オフを設定することもできる。1週間先まで繰り返し設定が可能だ。
 
専用アプリ「IRIS AIR-con」
 
アプリからスケジュール設定が可能

 人感センサーを搭載しており、部屋に人がいなくなると、自動で省エネ運転に切り替わる。人を感知すれば、自動で通常運転に切り換え、適切な室内温度に調整する。このほか、除湿運転や、除湿や冷房後に自動で内部を乾燥させて清潔に保つ「内部洗浄機能」を備える。
 
風が届く範囲

 ラインアップと参考価格は、「IRW-2219A」が8万9800円、「IRW-2819A」が10万9800円、「IRW-4019A」が14万8000円。鉄筋アパートで冷房運転をする場合、適用畳数の目安は、IRW-2219Aが9畳、IRW-2819Aが12畳、IRW-4019Aが17畳となっている。