サイバーリンクジャパンは、新代表取締役社長として滝本謙一氏を招聘した。滝本氏は、日本市場のマーケティング戦略や、OEM企業との提携関係の構築、新規ビジネス開拓による事業拡大を担当する。

 滝本謙一氏は、これまでフリースケース・セミコンダクタとAMDでグローバルアカウントマネージャーをグレースノートでディレクターを歴任するなど、大手ソフトウェア、ハードウェア、OEM、流通業、半導体メーカーで20年以上の業務経験をもち、いずれの分野でも世界市場で成功を収めてきた。

 台湾サイバーリンクのアリス・チャン最高経営責任者は、滝本氏の招聘にあたって、「滝本氏の日本の業界に関する深い知識と幅広い経験は、幹部メンバーにとって重要な資産となる。滝本氏が日本市場に於けるさらなる事業拡大を推し進めていくことを期待している」とのコメントを寄せた。

 社長に就任する滝本氏は、「デジタルエンタテイメントとマルチメディアソルーション分野におけるソルトウェア業界の先端を行くサイバーリンクに入社できたことをうれしく思う。これまでの専門知識を生かし、サイバーリンクの発展に寄与できるよう努めたい」とコメントした。